スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月 29, 2021の投稿を表示しています

お酒を飲まない日。生まれたヒマ時間の過ごし方。飲まない夜を有意義に使おう!

 お酒を飲まない生活を始めていくと、それまで飲酒に当てていた時間を持て余すようになってくる人も多いんじゃないですか? お酒を飲んでいた頃は、夕方、御飯の準備をしながら、眠りにつくまで、飲みながら、「ウィー!」なんて、酔っ払ってダラダラ過ごしていた者(わたしです・・)でしたので、 晩御飯食べてからの時間がまぁ長いこと、長いこと。 我が家では、わたしが断酒を始めた時に同居の母もお酒を家で飲まなくなっていましたし、 元々娘はお酒は飲まない。同居の息子もわたしに気を使ってか、自宅では自分の部屋でしか飲まないので、断酒にはもってこいの環境は整っているわけです。 それでも、始めたばかりで、慣れていないうちは、夜のくつろぎタイムに、「はて、何をしていいものやら。」と、ちょっとした戸惑いがありました。 わたしがアルコール専門病棟にお世話になっていた時にも、夜の時間を持て余してしまってスリップしてしまった。という人はけっこういましたから。 さて、そんな断酒に伴って出来たヒマな時間(特に夜の)の過ごし方の提案、と申しますか、一体わたしはどのようにして、夜の夜長を過ごしているのか?ということを少しお話させていただきたいと思います。 目次 ①アイロンかけ ②筋トレ&ヨガの真似ごと ③Amazon プライムでアニメ視聴 ④翌日のお弁当の仕込み&常備菜作り ⑤早く寝る ①アイロンかけ アイロンかけ、お好きですか? 夏場なんか暑いし、しなくていいなら出来るだけしたくないなぁ。 という方がほとんどだったりして。 わたしも正直、最近まではしないで済むならしたくない家事のひとつではありました。 アイロンがパリッと効いたシャツを着ていると、デザイン性とか流行とかには関係ない、キチンと感やオシャレ感が増してくるように思いませんか? まだお酒をめちゃくちゃ飲んでいた時期ではありましたが、40代に突入したころ、わたしが理想として思い浮かべていたのが、 シャツでもTシャツでも、定番でオーソドックスなものを、自分らしくさりげなく着こなせる、カッコいい、大人の女性。というもの。 定番でシンプルなシャツやTシャツなどを、大人の女性がオシャレにカッコよく着こなすためには、まず、スタイルをキープ(この点は次の②で触れます)することは当たり前。 その他にいくら顔とスタイルが良くても、ヨレヨレのシ

お酒やめたのをきっかけに車を手放しました!出費も減ってウハウハです(笑)究極の断捨離?

 現在の愛車です。 断酒を始め出してからすぐ、思うところがあって車を手放した際、買い物の荷物なんかもしっかり乗せれるように、後ろにもカゴをつけてもらったママチャリを買いました。 20歳で免許を取ってから、わたしは、仕事に行くのも、買い物に行くのも、遊びに行くのも、ほとんどのお出かけには車を使っていました。 車はとても楽だし、お天気が悪くても関係ないし、重たいモノもなんのそのだし、 それまでのわたしは、車に乗らない生活なんて考えたこともなかったのですが、 断酒をきっかけに、それまで当たり前と思っていた生活を一から見直してみよう。と思いまして。まぁ、生活の断捨離とでも申しますか。 今まで疑うことなく所持していたり使っていたりしていたものが、本当になきゃ困るモノなのか。 お酒を飲まない生活なんて考えたこともなかった人間が、これから断酒をしようとしているのですから、せっかくならば、これを機にいろいろと断捨離をしてみようかと。 お酒を止めるのと一緒に、まず手始めに服や靴などの断捨離をやりました。 そのあとは、普段の買い物でコンビニを利用しないようにしました。 身体を動かしたり、歩いたりすることを増やしていきたいと考えて、出勤するのも車をやめて、自転車で通うようにしました。ついでに、近場の買い物には歩きや自転車で行くようにしました。 ちょうどその頃、子どもも大学を卒業したりなどで、生活のスタイルも変わってきた頃で、ちょっと離れたショッピングモールなどにも行かなくなってきたし、送り迎えなどもしなくてよくなってきた時期でしたので、 「いっそ、車もいらないんじゃない?」と、思い切って車を手放すことにしたのです。 だいたい、長距離運転をするのが好きじゃなかったし、そもそも、子どもが小さい頃の移動とかで、必要に迫られて車を運転していたわけだから。 実際に手放してみると、想像以上に嬉しいことがありましたので、鼻息も荒くご紹介したいと思います。 細かいことはいろいろありましたが、 1番有難かった2点に絞ってご紹介します お金のこと 手放すと決めてから、実兄に中古車買取の店舗を紹介してもらいました。 まだ新車で買って1年くらいしか乗っていなかったので、思いもよらない、とてもありがたい査定をしていただき、かなりのまとまった現金を手にしてウハウハでした。 車の維持費って、改めて意識して

飲まなくなって2年目、楽天で積み立てNISA始めました!5年目突入でニンマリ!

勧められたわけではなかったのですが、 ふと思い立って、断酒継続2年目に積み立てNISAに加しました。 それまで定期的な貯金とかをしたことはなくて、もちろん、投資信託のような金融商品などに自分が関わろうとは、全く想像がつかないような人間でしたので。 断酒が落ち着いてきたころ、離婚もしていましたし、通帳の数字を改めて眺めて、自分のこの後の姿を考えてしまいました。 それまでは完全に行き当たりばったりの生き方でした。子どもの学費とか、日常のこまごまとした出費のこととかは一応心配でしたから、ボーナスとか臨時収入が入った時とか生活費が残った時とかはそのまま口座に残すようにはしていましたが、給料からの天引きされるような、毎月キッチリ決まった額の計画的な貯蓄。というモノには無縁すぎる生活でした。 そこで、「これじゃいかん!」と一念発起したわたしは、給料からあらかじめ天引きされる銀行商品。定期預金などをやってみよう。と最初は考えていましたが、たまたまYouTubeで経済評論家の山崎元さんの動画を見て「インデックスファンド」のことを知り、積み立てNISAをやってみようか。と思いました。 わたしは、普段、楽天カードを使っていますし、山崎元さんも、楽天証券は使い勝手が良いネット証券で、手数料も安く、商品のラインナップが豊富な点ををオススメされていたので、楽天証券に口座を開くことにしました。 以下、楽天証券で口座を開設して、積み立てNISAの申請と設定の流れをザッと書きます。 ①楽天証券口座開設の流れ ②積み立てNISAの申し込み ③積み立てNISAでポイントが貯まる?    ①楽天証券口座開設の流れ   口座開設の手続きは、楽天証券のサイトに飛んで、「新規口座開設」ページから行いました。 わたしは楽天会員なので、自分の楽天IDを入力してページを開くと、申し込み用のURLが楽天アカウントに紐付けられたメールアドレスに送られてきます。 そのURLから口座開設のページにアクセスしてから、必要な同意や個人情報などを入力して、本人確認ができるモノ(運転免許証やマイナンバーカードなど)を、わたしはネットで申し込みしましたので、アップロードで送りました。 審査の完了後、ログインIDが送られてきます。 ログインパスワードも事前に登録しておきます。    ② 積み立てNISAの申し込み 楽天

断酒継続で困ったこと!〜便秘になっちゃったんですぅ。(汗)〜  対処策アレコレ。

断酒を始めるまでは、というか、お酒を毎日飲んでいた頃は、毎日快便でした。 お酒もキンキンに冷えたモノを好んで飲んでいたせいか、それとも、アルコール自体にその作用があるのか、 どちらかと言えば、お腹が緩い方でした。 ですので、ほぼ毎日、お酒を飲まない日はなかった20代前半から断酒を始めた7年前まで、便秘というモノになったことがありませんでした。 2日も3日も出ないでお腹の中に溜まっている状態というのは、全く想像できませんでした。 周りの友人たちが、「今日で3日も出ていない・・」とか言っているのを聞いても、全然ピンときませんし、その悩みがどれほど深刻なモノなのかさえ、理解に苦しむほどでした。 そんなわたしですが、断酒を始めた途端、便秘に苦しむことになるとは・・・。 出ない日が2日、3日続いても、一向に便意を催すどころか、お腹がゴロゴロもしません。 5日くらい経っても全く出る気配はなく、お腹はパンパンになっていまして、さすがにこれはいかん!と、その時は生まれて初めて便秘薬を購入いたしました。 行きつけの近所のドラッグストアで買うのは少し恥ずかしかったので、会社帰りに、少し離れたドラッグストアで買ったピンクの小粒を、寝る前に3錠飲みました。 翌朝、多少の腹痛に襲われたものの、5日分の溜まったモノを無事、体外に排出することができたというわけです、    初めての便秘でかなりショックを受けたわたしでしたが、便秘になったからといって、またビールをガブガブ飲み出すわけにはいきませんので、 便秘の解消に向けての取り組みを始めた、というわけです。 お酒を飲んでいた頃に便秘知らずだったのは、 アルコールの成分がお腹を緩くするのか、 お酒の飲み過ぎ=水分はしっかりとれていたのか、 よく考えてみたら、お酒をやめてから便秘になった理由が良く分かっていませんでしたが、 まぁ、この2つに絞れるのではないでしょうか。 便秘だからといって、またお酒を飲み出すことはできないので、いくつか的を絞って、便秘対策を行ってみることにしました。    水分をしっかり摂る   お酒を飲んでいた頃は、他の栄養素などは不足していたとは思いますが、お酒の水分だけは十分過ぎるほど摂れていたと思います。 逆に言うと、お酒以外の水分、水やお茶、ジュースなどを、あまりたくさん飲む方ではなかったので、お酒を飲まなくな