スキップしてメイン コンテンツに移動

今年28歳の姪がお酒をやめたそうです。若い人のアルコール離れが進んでるってホントらしいよ。



 同じ市内で一人暮らしを始めた姪が遊びにやってきました。

彼女は今年で28歳。
ホームページ制作などを行う仕事をしています。
このコロナで、飲酒店や食品などの販売店が、ネット販売を始める所が増え、ネットに上げるためのホームページを制作する仕事の依頼が増えたため、世間の自粛を他所目になんだかんだでけっこう忙しかったそうです。

さて、その姪ですが、我が家の血筋なのか、かなりお酒には強く、そしてお酒大好き!という子です。
最近の風潮か、仕事上での接待とか打ち上げなんかはほとんど無いそうですが、
その分、友人たちと飲みに行くのも、家でくつろぎながらでもお酒は欠かせなかった子でした。

が、3ヶ月ぶりくらいに遊びにきたと思ったら、
「あたし、お酒やめて1ヶ月なんよ。」とのたまったのでした。
とても元気は良さそうで、聞いたすぐは心配したのですが、病気とかそんな理由ではないそうなのです。

目次

① 姪がお酒をやめようと思った訳
② 今、若い世代のお酒離れが進んでるいる
③ シラフで話し合いたい
④ 飲酒に使うお金を他のものに使いたい
⑤ お酒離れは若い世代だけじゃない

 

 ① 姪がお酒をやめようと思った訳

そもそも、姪がお酒をやめようと思ったきっかけというのが、
姪曰く、
「コロナで自宅に居ることが増えて、友達と飲みに行くことも無くなったし、家では仕事したり、仕事がない時はサブスクで映画とかアニメとか見たり、ゲームしたり、美容に熱を入れたり、友達とズームで話したりとか、何かと忙しくて、ぶっちゃけお酒飲んでるヒマがない」
そうです。
どうやら話しを聞いてみると、コロナで友人たちと外に飲みに出かけることが出来なくなり、自宅に居ることが増えたことで、ヒマになったか?というとそういうことはなく、
家ではいろいろとやること、(といっても、サブスクで動画を見たり、ゲームをしたりなどと、私らより上の世代に言わせると「遊び」に外ならないのですが、今の若い子たちは賞賛に値するほど、遊びにもいたって真剣に取り組んでいるのです。)がたくさんありすぎるし、それらは真剣にシラフの状態で取り組むべきことなのだそうです。

動画を見るにしても、ゲームをするにしても、漫画を読むにしても、真剣にシラフの状態で行う、というのは、どうやら私の姪が特別なことではなく、少なくとも彼女の親しい友人や知人なども同様なのだそうです。

彼女にしてみると、家にいる間は「お酒を飲む必要が全くない!」のだそうです。
この意見も彼女だけの特殊なものではないそうです。

ちなみに、彼女はコロナが収まって、また友人と飲みに行けるようになったら、吐くまで飲むのだそう。
姪のように、普段は全くお酒わ飲まないが、いざ友人たちと飲みに出かけると、ベロベロ覚悟でお酒を楽しむ。という若い子は多くなってきている。というのが現代の風潮になってきているのかもしれませんね。

 

 ② 今、若い世代のお酒離れが進んでるいる

わたしの姪のように、完全なる断酒というキツイ括りではなく、友人たちと飲みに行く時はしっかりと楽しんで、家で過ごす時はお酒を必要としないという若い子が大変多くなっているんですって。

アルコール依存性になるような人にしてみれば、俄には信じられないことですが、
家で晩酌、ということをしない、というか、必要無いと思っている人がかなり多くいるそうです。
この「必要無い」という感覚が若い人を語る(笑)上でとても重要なワードになると思いました。

現代の若い子は子どものの頃から個性重視で、自分の意思を尊重した思考を持つべく教育され育ってきています。
私たちが子どもの頃受けていた教えと言えば、他者との同調や協調を求められていたような気がしますが、今の若い子は、自分。というものをとりわけ尊重している(良い意味で)と言えます。

ややもすると、私たちより上の世代の人からすると、あまりにも直接的で悪く言えば自分勝手、自己中に取られる可能性もあるかもしれませんが、
物事をまずは自分にとって必要か必要無いか、有益か無益か、影響があるかないか、などが事を成す上での判断材料になっているようです。

若い子たちにしてみると、他にやることの優先順位が高いものがたくさんあるので、家での晩酌で酔っ払ってしまって、他の楽しいことが疎かになってしまうということはあまり宜しくない。
ということで、家でのお酒は「必要無い」。となるようです。

姪が言っていたように、彼ら彼女らが自分がやりたいと思っていることがまずは最優先。とりあえずそれにかかわらないこと、邪魔になるものは「必要無い」のだそう。
家での活動に集中したいので、酔っ払って意識が定まらないとか、眠気が襲うなどということは邪魔なものでしかない。
家での晩酌は必要無い。ということか。

わたしなど、その思考回路が羨ましくて仕方ないです。
今は、そういった思考回路を参考にしようと伺っている。という次第です。

 

 ③ シラフで話し合いたい

私たちの世代(40代から50代の熟年といわれる世代)からそれよりも上の世代には、いわゆる
「飲みにケーション」なるものが他者とのコミュニケーションの必須アイテムのように存在しています。
久しぶりに友人に会った時も、親しい人とのプライベートな付き合いの場でも、会社の商談などでも、「とりあえず、飲みに行こうか?」となるパターンがほとんどではないでしょうか。
そして、そのことをほとんどの人が不思議だとか疑っていないのですよね。

ところが、今の若い世代の中にはどうやら少し感覚が違ってきている子たちが増えてきているようですね。

まだまだ今の若者でも、お酒を介したコミュニケーションを支持する。楽しむ人が多いようですが、明らかにそうではなく、人との繋がりや会話において、意識的にお酒で酔っ払う、という行為を拒否して、頭がクリアな状態で向き合いたいと思う子たちも確実に増えているようです。

どうやら、彼ら彼女らは、子どもの頃から育んでいた自分の意思、意見を何を置いても尊重することに大変こだわりがあるようです。
私たち世代が、多くの人や個人的にもっと親しくしたい人たちとの垣根を超えやすくできるように、そういう場にお酒を好んで持ち込むことが当たり前たのに対し、若い世代のある特定の子たちは、まず、よく素性のわからない人たちとでもとりあえず膝を交えて何とか良い一時を過ごしたい。などという思考は正直無いに等しいようです。
今の世の中、SNSがありますので、自分からあまり得意じゃなさそうな人とも無理したり緊張したりしながら直接的なコミュニケーションを取る必要も無いといいます。
自分の周りの狭い世界にイヤな思いや居心地の悪い思いをしてまで人脈を広げていかなくても、SNSで世界中の人たちと瞬時に繋がることができますからね。

そんな若者たちが、自分の身近な友人や仲間たちと直接コミュニケーションをとるシーンでは、出来るだけマジメに気持ちを語り合いたいとの思いが強いようです。
彼らは身近のコミュニティに直接、拡散的なアプローチを取ることを好まず、そのかわり、密に付き合っていきたい、と思う人たちとは、お互いシラフの状態で相手のことを理解し、自分のこともちゃんと理解してほしいと思っているようで、お酒を飲みながら酔っ払って途中で意識が飛ぶ。なんということはあり得ない。時間の無駄。とまで考えている猛者も多くいるようです。

膝を交える、もしくは、自宅のパソコンでズームを使っての友人や仲間たちとの交流の場で、日頃からの話題であるゲームやSNS、あとオシャレに関する話題などにしろ、かなり込み入った悩みごとや仕事に関する話題にしろ、シラフで頭がクリアな状態で向かい合う。
彼ら彼女らの広く浅くを好まずに、狭くそしてより深いところまで真摯に知り合いたいと思う、シンプルでありながらマジメとも取れる人との付き合い方。
わたしも今さらながら感心するとともに、深く理解と憧れを覚えるところであります。

 

 ④ 飲酒に使うお金を他のものに使いたい

今の若い子たちの金銭感覚には、誠に敬服してしまうことがしばしばあります。

あまりたくさんの物を所有することに興味を持っていない子が、私たちの世代に比べると大変多い。
確かに、就職氷河期といわれる時代に不幸にも就職時間が重なっている子が多いせいか、バブル。でのぼせ上がっていた私たちに比べると、申し訳ないくらい物欲自体が薄いような気がします。

それだけではなく、お金の使い方にそれぞれのこだわりを持っている子もとても多いようです。
自分が自由に使える金額の中で、ちゃんと自分なりに優先順位を付けて使い、背伸びをしたり、無理をしたりはしていない子がフツーにいますから。

何かを手に入れようと思うと、他のものを諦めるのは当然なこと。
なんとも潔い、というか、わかりやすい思考法で、わたしは個人的にとても共感できるところです。

お酒に関して言えば、決して彼ら彼女らもお酒を飲んで楽しむことがキライなのではないようなのです。
ただ、今の若い子はさほどお金を潤沢に使えるわけではないようで、だからといって、自分の日常
にとって必要なものにはお金を削りたくない。
私たちが若かった頃は、今ほどデジタルなどの技術や機能も発達していませんでしたので、
今のようにスマホ代とかサブスク代とかなどに費用をかける必要がありませんでしたものね。
そういった削れないモノに元々潤沢にないお金をストレスなく使うためであれば、その他のお酒や外食、車もそうかな?などのさほどどうしても必要だと思わないものにかけるお金はスッパリとカットできるそうなのです。

「さとり世代」とも呼ばれる現代の若い子たちのものの見極める判断基準には、実は賛否両論あるようですが、
その「さとり」とも評される思考回路は、広く浅くではない狭く見えて実はとても深い興味範囲をとりわけ尊重している。裏を返せば、それら以外はほとんど頓着していないという、潔すぎるほどのシンプルなものなんですね。
我々の世代には、なかなか真似できないかな・・

 

 ⑤ お酒離れは若い世代だけじゃない

これまで若い世代のお酒離れについてさんざん書いてきましたが、
実は、若い世代だけでなく、もっと幅広い世代に渡ってお酒離れは進んでるんですって。

方やコロナの自粛生活のストレスからアルコール依存性が大変増えているという事実もあるのに、
ホントかよ⁈ってなもんですが、
ホントみたいですね。

いくつか理由はあるようで、
ひとつは、コロナにおける自粛生活で、家計がかなり逼迫していて、外に飲みに行くこともままならない状態で、なおかつ自宅でも毎晩晩酌することさえ控え気味にしなければいけない悲しい現実に慣れてきて、もともとそれほどお酒に執着がない人は、「この機会にお酒、やめちゃうか」となる人が多くいるそうです。

あと、巣ごもり故に健康や美容に目覚める人が増えたことも、若年層以外にもお酒離れを加速した大きな理由のひとつでしょうか。
お酒の効用は昔から割と知られていますが、近頃では過度の飲酒が健康面だけでなく、美容にもあまり宜しくないことになっちゃうかもよ!という
アナウンスがよく聞かれるようになったのも、お酒離れのきっかけ作っているのかもしれないですね。

まとめ

姪から聞いた話から、今の若い子たちのお酒離れについて少し話を膨らませてみました。

お酒離れのことだけでなく、彼ら彼女らの価値基準や判断基準などを考える機会を得ることができました。

わたしは本来、お酒を飲む、飲まないということは至極個人的な判断基準であって、周囲からの影響などで
左右されるべきものではないと思います。
ですので、今の若い世代のお酒に対する態度には非常に感服しますし、支持したいと思います。

若い世代の子たちのように、お酒を飲む、飲まないが自分にとって必要、不必要で自由に取捨選択できたならば、ストレスなどによりお酒に逃れて結果アルコール依存性になってしまう。
ということも私たち世代やもっと上の世代よりはかなり減っていくかな?
と、アルコール依存性で苦しんでいたわたしなど、期待と、少し羨ましくも見習ってみたいと思うのが正直なところです。

若者よ、期待しています!

コメント

このブログの人気の投稿

アルコール依存症の人の離婚率・独身率はめっちゃ高い!って、ホント⁈わたしは、離婚してますけど・・。

  以前のブログにも書きましたが、 わたしは、10年ほど前に、離婚しています。 理由は、一応いわゆる「性格の不一致」ということで片付いていますが、 一番の本当の理由としては、なんと言い訳しようが、恥ずかしながら、わたしのアルコール問題と、それにも関連している持病に、元の夫が愛想を尽かした。 ということになる。と、認識しています。 後半で少し触れることになると思いますが、 例え、他にも様々な理由があったとしても、「アルコール依存症」という目をつぶることができない事実がある以上、それが第一の理由となり得る。 というのが、アルコール依存症の人が抱えていかないといけない、対人関係での少し悲しい立場である。 と、今は自分に言い聞かせています。 さて、 アルコール依存症の人の離婚率は、男性、女性ともに、大変多いのだそうです。 ただ、公の離婚率の数字にあまり出てこないのは、 離婚理由に「自分もしくは、相手がアルコール依存症だから」と挙げている人たちが、あまりに少ないから。だそうです。 確かにわたしも「離婚の理由は?」と尋ねられたら、「いわゆる、性格の不一致というヤツです」 と答えていますもん。 アルコール依存症専門病棟に入院していた時思ったのですが、 そこの入院患者、特に入退院を繰り返している人は、ほぼ全員と言っていい程、離婚経験者か、元々独身の人ばかりでした。 今回は、これは避けては通れないですよね。 わたしのことも含めて、わたしが入院したアルコール依存症専門病棟の入院患者から聞いた話と、 アルコール問題を抱えた人の対人問題など。 アルコールと離婚、対人問題についての考察です。 目次 ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 ②やっぱり、堂々とは言えない・・のかな?  離婚理由で夫と妻・どっちも言いたくない訳 ③わたしの場合 ④最後に    ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 アルコール依存症専門病棟で、最初に感じた感情、というか、感想というか・・。 「 孤独っぽい人たちが集まっているな。」 というのが、わたしの、入院している患者の様子を見て知って思った正直な感慨です。 わたしが入院した時の患者は、全員ほぼ40人くらい。男女比は、だいたい、5:1くらいだったか。と覚えています。

「ドライドランク」・断酒してから起こる?再飲酒の落し穴!わたしも見事にハマりました⁈

「 ドライドランク」 直訳すると、「シラフの酔っ払い」などと言うようです。 文字通り、一滴もお酒を飲んでいないのに、まるで飲んで酔っ払ってしまっているような状態になってしまうこと。だそうです。 わたしがこの言葉を初めて聞いたは、アルコール依存症専門病棟に入院していた時に受けた講義でと、入院仲間たちとの会話の時でした。 いくら講義で教えられても、入院仲間たちがその話で盛り上がろうとも、その時は全く意味がわかりませんでした。 お酒を飲んでいないのに酔っ払っているかのような状態になる。って、どういうこと? ドライドランクと聞いて、そして、お酒飲んでないのに酔っ払う、と聞いて、すぐに理解できる人はそうそういませんよね。 そこで、わたしなりに後になって少し勉強したことを、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。 後から気づいたのですが、実はわたしもしっかり体験していたみたいなんです。 「ドライドランク」・「シラフの酔っ払い」って何なの? 目次 ①ドライドランクっていつなるの? ②ドライドランクってどうなるの? ③ドライドランクの危うさ ④わたしが体験したドライドランク ⑤再飲酒に落ちないために    ①ドライドランクっていつなるの? アルコール依存症専門病棟での講義でも、入院の患者仲間たちの話でも、 ドライドランクが起こるのは、どうやら、人によって時期はさまざまだそうですが、断酒を始めてしばらく期間が経ってから症状がでるらしいです。(もちろん、出ない人もいます) お酒をやめてすぐに出る人もいるし、かなり時間が経ってから、いきなり出てくる人もいるらしいのです。 神出鬼没。まさに「アルコール・テロ」とでも言っちゃいたいくらいに恐ろしい。 わたしが、実際にドライドランクの体験談を聞いたのは、アルコール依存症専門病棟での入院仲間から聞いた話と、そこで行われたAAのミーティングで、参加者の人からが聞いた話しだけですが、その時聞いた話も全くチンプンカンプンでした。 あ、「ドライドランク」という言葉は、元々AAで使われていた言葉だそうです。AAのミーティングで教えてもらいました。 入院していた時の患者仲間の話では、残念ながら長期間断酒を継続できた人が1人もいませんでした。わたしが直接聞いた人のほとんどが、我慢してお酒を飲まないでいられたのは平均一週間くらい。その間に肉体的な症状

アルコール依存症病棟にまでお世話になったわたし。一緒に闘いましょー!

子育ても、ひと段落しました。 結婚生活も、とても穏やかに終了しました。 毎日、仕事と家のことと母との呑気な生活と。 慌しくも充実した日々を送っています。 食べることと、 漫画と、 小説と、 お肌な手入れと、 ナチュラル系のオシャレが好きな、 50代。まだまだ、これからです。 今、世間では、長期にわたる自粛生活で、 ほとんどの人が、今までとは全く違う生活様式に戸惑いながらも、少しずつ慣れてきたみたいですよね。 わたしも、仕事は、昨年はほとんど在宅で行っていましたが、 最近になって、また、職場に行って仕事ができるようになりましたので、 家でばかりの生活から少し解放されて、 ちょっと、緊張感が緩んできたのは否めないところです。 少し、おばちゃん的な心配事をお話させてください。 飲食店が飲酒の制限をされていることもあって、 「家飲み」というのが、いろんなところで注目されているようですね。 「家で飲酒する」という習慣は、すっかり定着してきています。 その上、 在宅ワークなどで家の時間が増え、 出勤しない分、自分で自由に時間の管理ができるようになりました。 休日と平日の境も曖昧になって、いつでも好きな時間に飲食可能ですので、 自分では、それほどの問題がある飲酒はしていない。と楽観視している方の中にも、 アルコールが入らないとどうもやる気がでない。 アルコールがないと、時間を持て余してしまう。 などといった、 すっかりアルコールに生活をコントロールされてしまっている可能性がある方が増えてきているかもしれません。 少しでも思いあたる方は、 すでに、アルコール依存症になってしまっているかもしれません。 かくいうわたしも、 今から10年前に、アルコール依存症と診断され、 当時の夫から依存症の専門病院に入れられた、 立派なアルコール依存症者でした。 でした。 と過去形で言っていますが、 決して、過去形ではないんですよ。依存症との闘いは。 これが、最も難しく、悩ましいところです。 わたしはアレヤコレヤありまして、 現在、7年程の間、運良く(?)、それこそ一滴のアルコールも身体に入れず、 今も、全く飲酒とは無縁の生活を、おかげさまで送れています。 でも、たとえ7年間、一滴のアルコールを身体に入れていなかろうが、 現在は全く飲酒とは無縁の生活をしていようが、 明日、 もし、 ビールを、一口だけ