スキップしてメイン コンテンツに移動

断酒継続のおかげ?〜体温が上がった〜代謝が上がって痩せやすい身体になる。



    

お酒の影響は直接なかったのかもしれませんが、
断酒を続けていて、1年くらい経って気づいたのですが、平熱がかなり上がったのです。

わたしは、普段から平熱が低い方でした。
だいたい常に35度代。酷い時は、34度代という時もありました。
そんなんですから、朝は苦手で夏でも冷え性。足は浮腫みやすく、年齢が進むにつれて太りやすく痩せにくい。オマケに風邪なと引きやすいという、不健康なおばちゃんを絵に描いたような姿なのが悩みの種でした。

その頃は、もちろん毎日ビールや酎ハイ、焼酎などもロックで。冷たいお酒をガブガブと胃の中に送り込んでいたわけですから、
そりゃ、平熱も低くなりますよね。

それでも体型の悩みは人並みにあって、食べ物のカロリーなんかはとても気にしていたくせに、お酒のカロリーは棚に上げて、「アルコールは体内で燃えるから」なんて勝手な言い訳をして、ガンガン飲んでいたのだから、目も当てられませんよね。

はい。
お酒は体内ですぐに燃焼するので体脂肪になりにくい。とおっしゃるダイエットの専門家の先生は確かにいらっしゃいます。
お酒も適度に摂る分は余分な体脂肪を一緒に燃やしてくれて、ダイエットには良いかもしれませんね。
ただし、わたしのように、冷たいお酒を節操なくガンガン飲んでいたら、逆に身体を冷やしてしまって体温が下がり、太りやすくて痩せにくい、おまけに浮腫みやすい、あの頃のわたしのようになってしまいますので、気をつけましょう!


わたしの体温が低く代謝が悪かったのはそれだけの理由ではなく、
晩御飯の時は、その支度をしている時から、ビールや酎ハイを飲んでいて、これでも主婦ですから、家族、特に子どもの食事などは酔っ払った頭でも、一応、野菜もお肉もお魚も、バランスなどを考えて作りますが、自分はとにかくお酒が飲めればよかったわけですから、栄養なんかもう、どうでもよくなっていたのです。
ただ、食事のカロリーだけは気にしていた、という、まさに「酒飲みの不健康」を地で行くような生活を送っていたのですね。

そんなわたしが、とうとうアルコール依存症と診断されて、決意の断酒を始めたわけです。

断酒を始めた頃は、太る=カロリーが高いものを食べているから。という公式しか頭にありませんでしたので、お酒を飲んでいた頃はほとんどお酒でお腹がいっぱいになっていて、食事はお肉やお魚、野菜などをちょっとつまむ程度だったにもかかわらず全然痩せなかったくせに、断酒して、固形物だけを食べるようになると、どれだけ太るのか・・
と、不安で仕方なかったのを覚えています。

その不安から抜け出すために、かなりの数のダイエットについて書かれた本などで、お勉強しました。
ダイエット本はいろいろありすぎて、途中、何がなんだかわからなくなったりしましたが、
アルコールが体脂肪の燃焼に役立つ。という点をフォーカスしてみました。
お酒を飲まなくなった今、お酒に変わって身体の代謝を良くして、脂肪を燃焼するにはどうしたら良いのか?と考えたのです。

そこで辿り着いたのが、体温・平熱を上げる。ということでした。
平熱が上がると代謝が良くなり、体脂肪やカロリーを燃焼しやすい身体になるそうです。

そこで、より平熱を上げるべく、さまざまな専門家が提言されることを実践、努力をしてみました。
大きく、運動・食事・睡眠の3つに分けて、それまでの多少堕落した生活を改善できるようなプランを立ててやってみました。


運動

まずは、意識して日頃から身体を動かすようにしました。
それまで、車での移動が多く、すぐ近くのスーパーにも車で出かけたりしていたのですが、車は滅多に使わず、少し遠くの買い物などにも徒歩や自転車で行くようにしました。

家でもこまめに身体を動かすために、掃除をこまめにしたり、床掃除もモップをやめて雑巾掛けにしたり。
あと、自宅で腹筋運動が簡単に出来るマシーンを購入して腹筋に励んだり、YouTubeでヨガのレッスンを見ながらやってみたりなども慣れてくると楽しくなってきたのは、わたしにとっての大きな進歩です。

 

 食事

食事も脂肪を燃焼してくれる、とオススメされているものは、積極的に試してみました。

タンパク質をしっかり摂って運動すると筋肉が増える。ということなので、お肉もお魚も牛乳や大豆製品も、毎食のバランスを考えてしっかりと摂るようにしました。
筋肉が増えると、カロリーの消費が増えるそうです。
もちろん、タンパク質を効率よく働かせるためのビタミンやミネラル。野菜や全粒の穀物などですね。これも欠かさずたっぷり摂るようにしました。

それらプラス、特に身体の代謝を良くして、主に体温を上げてくれる。という食材、ニンニクや生姜なども常備しておいて、毎食欠かさず食べるようにしていました。
その頃出会って、今でも毎食欠かさず食べているのが、冒頭の写真の「生姜の漬け物」です。
これに出会って、お米のご飯が怖くなくなった、というのはちょっと大袈裟かもしれませんが、この生姜の漬物をきっかけに、ニンニクを紫蘇や味噌で漬けた物や梅干しなど、代謝を良くして、体温を上げるのに役立つ物をご飯と一緒に食べるということが日常となり、お米のご飯をしっかり食べる生活が当たり前になりました。
そうなると、変な時間にお腹が空いて困る。というようなこともなくなり、断酒を始めた当初よりも間食もかなり減ってきました。

睡眠

平熱を上げるには、休息・睡眠も大切だそうです。
睡眠時間をしっかりとって、生活のリズムを正しくすることが、身体のリズムを正しく保ために最も大切なことなんですね。

わたしが今でも実践している我流の安眠法につきましては、
に詳しく書いていますので、ご参考下さい。

たっぷりと睡眠をとって身体を休めることで、
血流やリンパの流れも良くなるそうです。
それらの流れがスムーズに行くようになると、
身体の中の老廃物をごっそり流してくれるので、
代謝が良い、エネルギーの循環が良い身体になるそうです。


 

 これらのことをコツコツと続けていった結果、
次第に風邪など引かなくなり、身体が軽くなってきました。
平熱も35度代だったのが、36度半ばくらいにまで上がりました。
そのおかげで代謝が良くなってきたのか、体重自体はほとんど変わらないのですが、体脂肪率は大幅に減りました。
浮腫みとも無縁になり、なんとも嬉しいばかりです。


これらの嬉しい変化は、お酒の入っていないクリアな頭で考えて、いろいろと工夫することができたからの結果なのですよね。
お酒を好きなだけ飲んで、酔っ払い放題だった頃だと、こんなことをコツコツやってみよう!なんて考えることは絶対になかったと思います。
わたしの場合に限定してしか言えませんが、
お酒をやめて、スッキリした頭で考えられるようになったから、今回書いた平熱を上げて代謝を良くしてからのダイエットなどを成功させることが出来たのだと思っています。

やっぱり、酔っ払い果てた頭じゃ、どんな問題も解決させることは難しいのだと、
改めて思い知らされました。


うーむ。



 

コメント

このブログの人気の投稿

アルコール依存症の人の離婚率・独身率はめっちゃ高い!って、ホント⁈わたしは、離婚してますけど・・。

  以前のブログにも書きましたが、 わたしは、10年ほど前に、離婚しています。 理由は、一応いわゆる「性格の不一致」ということで片付いていますが、 一番の本当の理由としては、なんと言い訳しようが、恥ずかしながら、わたしのアルコール問題と、それにも関連している持病に、元の夫が愛想を尽かした。 ということになる。と、認識しています。 後半で少し触れることになると思いますが、 例え、他にも様々な理由があったとしても、「アルコール依存症」という目をつぶることができない事実がある以上、それが第一の理由となり得る。 というのが、アルコール依存症の人が抱えていかないといけない、対人関係での少し悲しい立場である。 と、今は自分に言い聞かせています。 さて、 アルコール依存症の人の離婚率は、男性、女性ともに、大変多いのだそうです。 ただ、公の離婚率の数字にあまり出てこないのは、 離婚理由に「自分もしくは、相手がアルコール依存症だから」と挙げている人たちが、あまりに少ないから。だそうです。 確かにわたしも「離婚の理由は?」と尋ねられたら、「いわゆる、性格の不一致というヤツです」 と答えていますもん。 アルコール依存症専門病棟に入院していた時思ったのですが、 そこの入院患者、特に入退院を繰り返している人は、ほぼ全員と言っていい程、離婚経験者か、元々独身の人ばかりでした。 今回は、これは避けては通れないですよね。 わたしのことも含めて、わたしが入院したアルコール依存症専門病棟の入院患者から聞いた話と、 アルコール問題を抱えた人の対人問題など。 アルコールと離婚、対人問題についての考察です。 目次 ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 ②やっぱり、堂々とは言えない・・のかな?  離婚理由で夫と妻・どっちも言いたくない訳 ③わたしの場合 ④最後に    ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 アルコール依存症専門病棟で、最初に感じた感情、というか、感想というか・・。 「 孤独っぽい人たちが集まっているな。」 というのが、わたしの、入院している患者の様子を見て知って思った正直な感慨です。 わたしが入院した時の患者は、全員ほぼ40人くらい。男女比は、だいたい、5:1くらいだったか。と覚えています。

「ドライドランク」・断酒してから起こる?再飲酒の落し穴!わたしも見事にハマりました⁈

「 ドライドランク」 直訳すると、「シラフの酔っ払い」などと言うようです。 文字通り、一滴もお酒を飲んでいないのに、まるで飲んで酔っ払ってしまっているような状態になってしまうこと。だそうです。 わたしがこの言葉を初めて聞いたは、アルコール依存症専門病棟に入院していた時に受けた講義でと、入院仲間たちとの会話の時でした。 いくら講義で教えられても、入院仲間たちがその話で盛り上がろうとも、その時は全く意味がわかりませんでした。 お酒を飲んでいないのに酔っ払っているかのような状態になる。って、どういうこと? ドライドランクと聞いて、そして、お酒飲んでないのに酔っ払う、と聞いて、すぐに理解できる人はそうそういませんよね。 そこで、わたしなりに後になって少し勉強したことを、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。 後から気づいたのですが、実はわたしもしっかり体験していたみたいなんです。 「ドライドランク」・「シラフの酔っ払い」って何なの? 目次 ①ドライドランクっていつなるの? ②ドライドランクってどうなるの? ③ドライドランクの危うさ ④わたしが体験したドライドランク ⑤再飲酒に落ちないために    ①ドライドランクっていつなるの? アルコール依存症専門病棟での講義でも、入院の患者仲間たちの話でも、 ドライドランクが起こるのは、どうやら、人によって時期はさまざまだそうですが、断酒を始めてしばらく期間が経ってから症状がでるらしいです。(もちろん、出ない人もいます) お酒をやめてすぐに出る人もいるし、かなり時間が経ってから、いきなり出てくる人もいるらしいのです。 神出鬼没。まさに「アルコール・テロ」とでも言っちゃいたいくらいに恐ろしい。 わたしが、実際にドライドランクの体験談を聞いたのは、アルコール依存症専門病棟での入院仲間から聞いた話と、そこで行われたAAのミーティングで、参加者の人からが聞いた話しだけですが、その時聞いた話も全くチンプンカンプンでした。 あ、「ドライドランク」という言葉は、元々AAで使われていた言葉だそうです。AAのミーティングで教えてもらいました。 入院していた時の患者仲間の話では、残念ながら長期間断酒を継続できた人が1人もいませんでした。わたしが直接聞いた人のほとんどが、我慢してお酒を飲まないでいられたのは平均一週間くらい。その間に肉体的な症状

今年28歳の姪がお酒をやめたそうです。若い人のアルコール離れが進んでるってホントらしいよ。

 同じ市内で一人暮らしを始めた姪が遊びにやってきました。 彼女は今年で28歳。 ホームページ制作などを行う仕事をしています。 このコロナで、飲酒店や食品などの販売店が、ネット販売を始める所が増え、ネットに上げるためのホームページを制作する仕事の依頼が増えたため、世間の自粛を他所目になんだかんだでけっこう忙しかったそうです。 さて、その姪ですが、我が家の血筋なのか、かなりお酒には強く、そしてお酒大好き!という子です。 最近の風潮か、仕事上での接待とか打ち上げなんかはほとんど無いそうですが、 その分、友人たちと飲みに行くのも、家でくつろぎながらでもお酒は欠かせなかった子でした。 が、3ヶ月ぶりくらいに遊びにきたと思ったら、 「あたし、お酒やめて1ヶ月なんよ。」とのたまったのでした。 とても元気は良さそうで、聞いたすぐは心配したのですが、病気とかそんな理由ではないそうなのです。 目次 ① 姪がお酒をやめようと思った訳 ② 今、若い世代のお酒離れが進んでるいる ③ シラフで話し合いたい ④ 飲酒に使うお金を他のものに使いたい ⑤ お酒離れは若い世代だけじゃない    ① 姪がお酒をやめようと思った訳 そもそも、姪がお酒をやめようと思ったきっかけというのが、 姪曰く、 「コロナで自宅に居ることが増えて、友達と飲みに行くことも無くなったし、家では仕事したり、仕事がない時はサブスクで映画とかアニメとか見たり、ゲームしたり、美容に熱を入れたり、友達とズームで話したりとか、何かと忙しくて、ぶっちゃけお酒飲んでるヒマがない」 そうです。 どうやら話しを聞いてみると、コロナで友人たちと外に飲みに出かけることが出来なくなり、自宅に居ることが増えたことで、ヒマになったか?というとそういうことはなく、 家ではいろいろとやること、(といっても、サブスクで動画を見たり、ゲームをしたりなどと、私らより上の世代に言わせると「遊び」に外ならないのですが、今の若い子たちは賞賛に値するほど、遊びにもいたって真剣に取り組んでいるのです。)がたくさんありすぎるし、それらは真剣にシラフの状態で取り組むべきことなのだそうです。 動画を見るにしても、ゲームをするにしても、漫画を読むにしても、真剣にシラフの状態で行う、というのは、どうやら私の姪が特別なことではなく、少なくとも彼女の親しい友人や知人なども同様なのだ