スキップしてメイン コンテンツに移動

飲酒運転事故に想う。


8月25日、今から15年前、
わたしが住む福岡市の海の中道大橋で、家族5人が乗ったRV車に普通自動車が追突し、乗っていた幼い子ども3人が海に投げ出されて亡くなった。
という、痛ましくも悲しい事故が起きました。

追突した普通自動車を運転していた男性が飲酒運転だったこともあり、
福岡ではこの事故の後、「飲酒運転撲滅」の機運が高まり、飲酒運転撲滅キャンペーンが県を上げて取り組まれています。

この事故が起きた当時、わたしは自分がアルコール依存症などと思いもしていませんでしたので、
「かわいそうな事故だなぁ・・  。」とは思えども、普通に毎日お酒を飲む日々を送っていました。
元々わたしは、ほぼペーパードライバーですので、幸運なことに飲酒運転はしたことはありませんが、今ほど刑罰も厳しくなかった昔の話をさせてもらうと、20代前半くらいは、大学の友人たちと少し離れたところに車で出かけて、夕ごはんに軽くビールなどをひっかけて、また車に乗り込んで帰った。という経験はあります。
その時事故などを起こさずにすんでよかった。と安堵する気持ちと、若気の至りでは済まされないことをしてしまった。という、深い反省の気持ちで、思い出すたびに胸が苦しくなります。

飲酒運転とアルコール依存症は深く関わっています。
アルコール依存症の人が全て、飲酒運転の経験があるとは決して言えませんが、
飲酒運転を行った運転手に、アルコール依存症の疑いがある人がかなり見られる。という調査結果も出ているそうですね。

 

 わたしがアルコール依存症の治療と学習で入院したアルコール専門病棟にも、飲酒運転を行い、警察に検挙されて、アルコール依存症の疑いがあるということで、入院治療と学習のために来ていた人がかなりいました。
(この病院は、アルコール依存症で飲酒運転などの問題を起こした人の教育と治療を行うことを警察と連携して行っている病院です。)

そのうちの何名かは、自宅が都市部ではなく、バスやタクシーなどの公共交通機関がないため、飲みに出かけるにしても、ちょっと買い物に行くにしても車を使わないと不自由な思いをしてしまう。という人でした。
この病院に入院している人たちは、日中からお酒を飲むような人だったため、アルコールが残った状態で車で出かけることは、日常茶飯事だったようです。

あと数名は、都市部に住みながら、アルコールが身体に入っていても、「ちょっとそこまでだから大丈夫だろう」とか、「このくらいじゃ酔った内に入らない」などという過信や甘い考えによる、
なんとも考えの浅い理由で飲酒運転を行っていた人たちでした。

彼らは一律、運転免許は剥奪されていたようですが、彼らが物損事故だけで、人身事故を起こした人が1人も居なかったのが、唯一の救い思います。



今、この福岡だけでなく、全国的に飲酒運転の撲滅に向けての運動が盛んに行われているようです。
実際、福岡では15年前の痛ましい事故の後、飲酒運転の取り締まりも厳しくなったそうですし、運転する人の意識も変わってきたからか、飲酒運転は、かなりの数、減ってきているようですが、まだまだテレビのニュースを見ていると、飲酒運転の事故の話題が残念ながら流れています。

わたしは今、断酒を継続できています。
飲酒運転について思うことは、もちろん許されることではありませんので、厳しく取り締まることや、撲滅に向けての活動はもっともっと活発に行われて欲しいと願っています。
それと同時に、車の運転をしなければならないのに、お酒を飲んでしまう人。飲酒運転の陰にある、アルコールに依存してしまっている人たちに、アルコール依存症の教育をもっと行って欲しい。ということです。
飲んではいけない場面でも、飲まずにはいられなくなってしまった人たちに、アルコール依存症というものの病気の深層や、アルコールによって失うものの大きさなどの教育を刑罰とともに行って欲しいと思います。

なかなか、飲酒運転ゼロにはなりませんね。
とても悲しいことです。
15年前の事故のニュースを見て、当時の事を思い出して、
そして今、アルコール依存症と診断されて、結果、断酒の継続ができている状態で、
アルコールというものの側面を、改めて恐ろしく感じます。
アルコールというものは、双刃の剣だと思います。上手く付き合えば、人々の交流を活発にし、疲れを取り去り、ストレスを緩和してくれます。
しかし、一方では、飲酒運転を筆頭に、さまざまな問題を巻き起こします。
わたしも、アルコール依存症と診断された者として、これからも、このブログで、細々ですが、アルコールに関する問題提起を含めて、発信していきたい。と思っています。

飲酒運転ゼロを目指して!
わたしも微力ですが、応援させてもらいたい。と思います。


 

コメント

このブログの人気の投稿

アルコール依存症の人の離婚率・独身率はめっちゃ高い!って、ホント⁈わたしは、離婚してますけど・・。

  以前のブログにも書きましたが、 わたしは、10年ほど前に、離婚しています。 理由は、一応いわゆる「性格の不一致」ということで片付いていますが、 一番の本当の理由としては、なんと言い訳しようが、恥ずかしながら、わたしのアルコール問題と、それにも関連している持病に、元の夫が愛想を尽かした。 ということになる。と、認識しています。 後半で少し触れることになると思いますが、 例え、他にも様々な理由があったとしても、「アルコール依存症」という目をつぶることができない事実がある以上、それが第一の理由となり得る。 というのが、アルコール依存症の人が抱えていかないといけない、対人関係での少し悲しい立場である。 と、今は自分に言い聞かせています。 さて、 アルコール依存症の人の離婚率は、男性、女性ともに、大変多いのだそうです。 ただ、公の離婚率の数字にあまり出てこないのは、 離婚理由に「自分もしくは、相手がアルコール依存症だから」と挙げている人たちが、あまりに少ないから。だそうです。 確かにわたしも「離婚の理由は?」と尋ねられたら、「いわゆる、性格の不一致というヤツです」 と答えていますもん。 アルコール依存症専門病棟に入院していた時思ったのですが、 そこの入院患者、特に入退院を繰り返している人は、ほぼ全員と言っていい程、離婚経験者か、元々独身の人ばかりでした。 今回は、これは避けては通れないですよね。 わたしのことも含めて、わたしが入院したアルコール依存症専門病棟の入院患者から聞いた話と、 アルコール問題を抱えた人の対人問題など。 アルコールと離婚、対人問題についての考察です。 目次 ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 ②やっぱり、堂々とは言えない・・のかな?  離婚理由で夫と妻・どっちも言いたくない訳 ③わたしの場合 ④最後に    ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 アルコール依存症専門病棟で、最初に感じた感情、というか、感想というか・・。 「 孤独っぽい人たちが集まっているな。」 というのが、わたしの、入院している患者の様子を見て知って思った正直な感慨です。 わたしが入院した時の患者は、全員ほぼ40人くらい。男女比は、だいたい、5:1くらいだったか。と覚えています。

「ドライドランク」・断酒してから起こる?再飲酒の落し穴!わたしも見事にハマりました⁈

「 ドライドランク」 直訳すると、「シラフの酔っ払い」などと言うようです。 文字通り、一滴もお酒を飲んでいないのに、まるで飲んで酔っ払ってしまっているような状態になってしまうこと。だそうです。 わたしがこの言葉を初めて聞いたは、アルコール依存症専門病棟に入院していた時に受けた講義でと、入院仲間たちとの会話の時でした。 いくら講義で教えられても、入院仲間たちがその話で盛り上がろうとも、その時は全く意味がわかりませんでした。 お酒を飲んでいないのに酔っ払っているかのような状態になる。って、どういうこと? ドライドランクと聞いて、そして、お酒飲んでないのに酔っ払う、と聞いて、すぐに理解できる人はそうそういませんよね。 そこで、わたしなりに後になって少し勉強したことを、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。 後から気づいたのですが、実はわたしもしっかり体験していたみたいなんです。 「ドライドランク」・「シラフの酔っ払い」って何なの? 目次 ①ドライドランクっていつなるの? ②ドライドランクってどうなるの? ③ドライドランクの危うさ ④わたしが体験したドライドランク ⑤再飲酒に落ちないために    ①ドライドランクっていつなるの? アルコール依存症専門病棟での講義でも、入院の患者仲間たちの話でも、 ドライドランクが起こるのは、どうやら、人によって時期はさまざまだそうですが、断酒を始めてしばらく期間が経ってから症状がでるらしいです。(もちろん、出ない人もいます) お酒をやめてすぐに出る人もいるし、かなり時間が経ってから、いきなり出てくる人もいるらしいのです。 神出鬼没。まさに「アルコール・テロ」とでも言っちゃいたいくらいに恐ろしい。 わたしが、実際にドライドランクの体験談を聞いたのは、アルコール依存症専門病棟での入院仲間から聞いた話と、そこで行われたAAのミーティングで、参加者の人からが聞いた話しだけですが、その時聞いた話も全くチンプンカンプンでした。 あ、「ドライドランク」という言葉は、元々AAで使われていた言葉だそうです。AAのミーティングで教えてもらいました。 入院していた時の患者仲間の話では、残念ながら長期間断酒を継続できた人が1人もいませんでした。わたしが直接聞いた人のほとんどが、我慢してお酒を飲まないでいられたのは平均一週間くらい。その間に肉体的な症状

今年28歳の姪がお酒をやめたそうです。若い人のアルコール離れが進んでるってホントらしいよ。

 同じ市内で一人暮らしを始めた姪が遊びにやってきました。 彼女は今年で28歳。 ホームページ制作などを行う仕事をしています。 このコロナで、飲酒店や食品などの販売店が、ネット販売を始める所が増え、ネットに上げるためのホームページを制作する仕事の依頼が増えたため、世間の自粛を他所目になんだかんだでけっこう忙しかったそうです。 さて、その姪ですが、我が家の血筋なのか、かなりお酒には強く、そしてお酒大好き!という子です。 最近の風潮か、仕事上での接待とか打ち上げなんかはほとんど無いそうですが、 その分、友人たちと飲みに行くのも、家でくつろぎながらでもお酒は欠かせなかった子でした。 が、3ヶ月ぶりくらいに遊びにきたと思ったら、 「あたし、お酒やめて1ヶ月なんよ。」とのたまったのでした。 とても元気は良さそうで、聞いたすぐは心配したのですが、病気とかそんな理由ではないそうなのです。 目次 ① 姪がお酒をやめようと思った訳 ② 今、若い世代のお酒離れが進んでるいる ③ シラフで話し合いたい ④ 飲酒に使うお金を他のものに使いたい ⑤ お酒離れは若い世代だけじゃない    ① 姪がお酒をやめようと思った訳 そもそも、姪がお酒をやめようと思ったきっかけというのが、 姪曰く、 「コロナで自宅に居ることが増えて、友達と飲みに行くことも無くなったし、家では仕事したり、仕事がない時はサブスクで映画とかアニメとか見たり、ゲームしたり、美容に熱を入れたり、友達とズームで話したりとか、何かと忙しくて、ぶっちゃけお酒飲んでるヒマがない」 そうです。 どうやら話しを聞いてみると、コロナで友人たちと外に飲みに出かけることが出来なくなり、自宅に居ることが増えたことで、ヒマになったか?というとそういうことはなく、 家ではいろいろとやること、(といっても、サブスクで動画を見たり、ゲームをしたりなどと、私らより上の世代に言わせると「遊び」に外ならないのですが、今の若い子たちは賞賛に値するほど、遊びにもいたって真剣に取り組んでいるのです。)がたくさんありすぎるし、それらは真剣にシラフの状態で取り組むべきことなのだそうです。 動画を見るにしても、ゲームをするにしても、漫画を読むにしても、真剣にシラフの状態で行う、というのは、どうやら私の姪が特別なことではなく、少なくとも彼女の親しい友人や知人なども同様なのだ