スキップしてメイン コンテンツに移動

アルコールが飲みたくなくなる薬ってないの?抗酒剤を飲んでからアルコールを飲んでしまった人の話


 アルコールが全く飲みたくなくなる薬って、
まだ出来ていないですよね。

断酒中に起こる飲酒欲求を抑える薬。
といわれている薬は、アルコール外来や専門病気などで最近、処方していただけるようですが、

あくまで、断酒中が前提で、飲酒欲求を無くす。ではなく、抑える。というのが今のところの限界なのですかね。

「この薬さえ飲めば、あなたも今すぐアルコールのコントロールができるようになります!」
なんて薬ができたら、
夢ですよね!
なかなか断酒が続かなくて苦しんでいるアルコール依存症者には!

いずれ出来ることを夢みて、
今は、「もうアルコールに浸り切った人生を歩みたくない。」と願ったら、ひたすらに断酒を決意して続けていくしかないみたいですね。

目次

①断酒の最強の応援団?抗酒剤って?
②アルコール専門病棟でのエトセトラ
③抗酒剤飲んでお酒を飲んでしまった人の話
④結局、抗酒剤は飲めなかったわたし


 

 ①断酒の最強の応援団?抗酒剤って?

断酒の際の飲酒欲求を抑えるという薬が、アルコール外来や専門病院で処方されているのですってね。

飲酒欲求を無くす。という所まではまだまだ無理とはいえ、抑えられるようになるというのは、
スゴいことですよね!

わたしも現在進行形の断酒中ですので、
(無いことを祈りますが) これからもし、も〜し、
飲酒欲求でどうにもこうにもならなくなったら、
アルコール外来を探して出向いて、その薬を処方してもらおう!と目論んでいます。

だって、せっかく今、断酒が継続できているのに、「一口飲んでパ〜!」というのだけは避けたいですもん。
以前、再飲酒でスゴく身も心も、家族からの信頼も、気持ちばかり貯めていたヘソクリも・・
一切合切傷つけたり、無くしたりした経験が辛すぎて。

それを避けられるならば、アルコール外来にでも喜んで出かけます。

でも、まだまだどのぐらいの効果が期待できるかは、そこまでまだメジャーになっていないとこ見ると、ちょっと気になりますよね。

ましや、アルコールの飲酒欲求を抑えるといつても、断酒を基本としての、ある程度の期間、しっかりと治療のプロセスを踏んでいる人にはそれなりの効果が期待される。ということで、

一番、再飲酒の危険性が高い。と言われている断酒初期のいわば断酒に不慣れな方には、
なかなか効果を感じにくいのではないでしようか?

というわけで、
けっこう、昔から使用されていた抗酒剤のことを少しばかり、わたしがアルコール専門病棟で見聞きしたり、学んだりした範囲で書かせてもらいたいと思います。

抗酒剤には「シアナマイド」と「ノックビン」の2種類が主に使用されています。

この2つの違いは、色の違いと、効果の効きだす時間と持続時間の違いが多少あるくらいで、
どちらも目的としている効果などは、ほとんど同じと考えて良いそうです。

抗酒剤は、アルコールを飲んた時、普通だと、体内でアルコールが、毒性の高いアセドアルデヒドに変容する際、そのアセドアルデヒドを酢酸に分解して肝臓で処理することを促す酵素の働きを、薬の成分でブロックすることによって、
アルコールがアセドアルデヒドに変容したまま分解されずに体内に留まるようにする薬剤です。

わかりやすく説明すると、
抗酒剤を飲んでから飲酒をすると、アルコールの分解を阻害して、まるで、お酒が飲めない体質の人。下戸の人ですね。その下戸の人が飲酒をした時のように、アルコールの害をもろに受けてしまって、悪酔い。気分がとても悪くなってしまったり、ひどい時は、急性アルコール中毒のようになって、非常に苦しい体験をさせられる。

というような作用をもっていて、抗酒剤を飲むことで、飲酒への欲求を減退させて断酒を続けられるように仕向けるための薬

なんですね。

お酒に強くて、お酒が大好きな人を、下戸の人のように悪酔いさせて、そのことを恐怖や嫌悪として記憶に刷り込んで、断酒を促す。

なかなか、意地の悪い。
でも、真面目に取り組めば、効果はかなり得られる方法です。

ただ、ネックは、抗酒剤は、きちんと処方された通りに飲まないと、効き目が出ない場合があります。

シアナマイドは、服薬後、すぐに効果が出ますが、だいたい一日くらいしか効果が続かないので、理想では、毎日、決まった時間に服用期間は、飲むことが大事なのだと、アルコール専門病棟での講義で教わりました。


 


 ②アルコール専門病棟でのエトセトラ

アルコール専門病棟に入院して、初めての朝から「?」となったことがありました。

毎日、6時。朝食前に点呼と同時に各部屋の前で、ラジオ体操をしていました。
その後、皆さんゾロゾロと階のフロアーの中心にあるナースステーションの前に並びに行きます。

しばらくすると、ナースステーションの小窓が開き、少量の透明な液体が入った薬用のプラスチックの小さなコップを並んでいる入院患者に渡しています。
この液体こそがシアナマイドです。

わたしが入院していたアルコール専門病棟では、入院中は、ほぼ例外なくほとんどの入院患者がシアナマイドを服用していました。

間違いなく、病棟の中では飲酒をしている人はいません。
では何故、誰も飲酒をしている人がいないのに、毎朝入院患者にシアナマイドを飲むように指導しているのか?
というと、
退院しても続けられるように、入院時から決まった時間にシアナマイドを服用させて、慣れさせているのだそうです。

退院時に渡される薬の中に、必ずといってもいいほど、シアナマイドが入っていました。

退院後も、外来治療継続が基本なので、
その際に渡される薬の中にもシアナマイドは混ざっています。

シアナマイドは、とても副作用の少ない薬だそうです。
ノックビンもほとんど副作用は見られないそうですが、どちらかというと、シアナマイドの方が、
副作用の報告例は少ないといわれています。

さて、
そんな毎朝の恒例行事であるシアナマイドの服用ですが、
その際のルールがありまして、
看護師さんからシアナマイドを渡されると、
一口で口に含み、口に入っているかを看護師さんに確認したもらって、それから目の前でゴクンと飲み込むところも確認してもらわないといけないのです。

「どうして、飲んだところまで確認してもらわないといけないんですか?」
と、初心者丸出しの質問をぶつけてみたところ、
以前は、ここまで徹底的に確認作業はしていなかったそうですが、
何人か、口に含んでそのままトイレの洗面台で吐き出す人がで出して、
その人たちを観察していると、お見舞いに来た友人などから、こっそりお酒を差し入れてもらって、夜、ベランダにある喫煙所などで仲間と酒盛りしていたのが判明したそうで、
そのことがあって以来、
看護師さんが入院患者がちゃんと飲み込んでといるかを確認するようになったそうです。

いや〜、言っときますけど、わたしが入院したアルコール専門病棟は、かなり厳格なことで有名な所なんですよ!
そこで、こっそり酒盛りなんて、
ホント、ビックリしました!
どんなところでも、やる人はやるんだな・・と。

まあ、こういう武勇伝 (⁈)はめったにないことだとして、

そういえば、
そんな厳格で有名だったこの病棟でも、
たま〜に、脱走する人も出るんですよ。
わたしが入院中は、一人いました。
看護師さんに申し出て許可がもらえると、外来の横にある売店に行くことができるのですが、
(もちろん、許可が出るのは、退院が近い患者に限られていました。入院直後の患者は、午前中と午後、希望者は看護師同行で連れて行ってもらえます。)
入院中の男性が一人、売店に行ったあと、行方不明になってしまって、どうやら脱走した!という話が、ノホホンと同室の人と、図書庫でアルコール依存症の漫画家さんが書いたエッセイを読んでいたわたしの耳にも入ってきました。



③抗酒剤飲んでお酒を飲んでしまった人の話

その人は、20代の男性でした。
わりと物静かな感じの人で、わたしも彼と就寝時間の前の自由時間に、一緒に何人かで卓球やトランプをしたことがあったので、
かなり驚きつつも、にわかには信じられなかったです

その場は、看護師さんたちの采配で、多少ざわついていた入院患者たちは、午後のカリキュラムにテレテレと向かいました。

それぞれがいくつかの教室に分かれて、それぞれのカリキュラムをこなしている時、
救急車のサイレンが近づいてきて、しばらくすると担架に乗せられて、もがき苦しんでいる、脱走していた彼が病棟に戻ってきたのです。

偶然、わたしがいた教室が出入り口に近くてよく見えたのですが、
顔は真っ赤で、はだけた胸を掻きむしっています。どうやら嘔吐もしているようでした。

処置室に入れられた後も、意味不明な声がしばらく聴こえてきて、少し恐ろしかった記憶があります。

どうやら彼は、朝、いつものようにシアナマイドを飲んでいたそうです。

何故、脱走したかは、本人も看護師さんや医師も何も話してくれなかったし、わたしも聞くつもりもなかったので、今だにわかりません。

ただ、彼から後になって聞いたところでは、
脱走は全然深く考えてのことではなかったそうです。
脱走して、かなり興奮していたのでやたらと喉が乾いて、コーラを飲もうと病棟から少し離れたコンビニに寄ったら、ビールが目に入って、やけっぱちな気分で、店の前で2、3本飲んだそうです。

すると、突然気分が悪くなってたまらなくなって、店の人に助けを求め、それから先は覚えていないそうでした。

もちろん、その時はシアナマイドを、朝、飲んだことは忘れていたそうです。

どんな風に気分が悪かったか?との質問には、
ビールを飲んでしばらくすると、胸が急にムカムカし出してきて、動悸がひどくなり、吐き気と頭に血が上ったみたいにドクン、ドクンとこめかみの血管が脈打つ感じがしてきた。と。次第に息が苦しくてたまらなくなって、コンビニの店員さんに助けを求めた。
とのことでした。



④結局、抗酒剤は飲めなかったわたし

彼の話は、それまで講義や本でしか知識がなかった抗酒剤の効果。
「抗酒剤を飲んだ後にアルコールを飲むとこうなる。」
と学んだことの裏付けになりました。

正直、ここまで苦しむものか。と愕然としてしまいました。

アルコール依存症を抑えるために必要な、断酒継続を果たしていくために、とても有効な抗酒剤というものの実力を目の前で見ることができて、良い経験をさせてもらえた気がしました。
彼は苦しそうで、気の毒(?) でしたが、

「断酒の継続のためには、上手に、継続的にシアナマイドを使うのが有効である。」
と医師や看護師さん達が度々おっしゃるのが、とてもよく分かった気がしました。

確かに、とても継続が難しい、と言われる完全断酒の継続には、このくらいの荒技が必要なのかもしれませんね。

わたしも、シアナマイドを飲んで、断酒を継続しています。

と言えればよかったのですが、

実はわたしは、アルコール専門病棟に入院していた時も、退院してからも、抗酒剤を飲んだことはありません。
肝臓に病気がありますので、医師から抗酒剤は飲まない方が良い。と判断されたからです。

シアナマイドもノックビンも副作用がとても少ないそうですが、
肝臓などに持病がある場合は、必ず医師に相談して下さい。

わたしは、シアナマイドなどは飲めないので、
断酒に荒技を持ち込むことはできませんが、
こんなに強烈な抗酒剤という薬を使わなければならないほど、アルコール依存症者にとっての断酒は難しい。ということを脳に刻んで、断酒継続というう悩ましくもやり遂げないといけない課題をこれからもヨチヨチと続けていくつもりです。

ガンバロ〜‼︎  ね!


コメント

このブログの人気の投稿

アルコール依存症の人の離婚率・独身率はめっちゃ高い!って、ホント⁈わたしは、離婚してますけど・・。

  以前のブログにも書きましたが、 わたしは、10年ほど前に、離婚しています。 理由は、一応いわゆる「性格の不一致」ということで片付いていますが、 一番の本当の理由としては、なんと言い訳しようが、恥ずかしながら、わたしのアルコール問題と、それにも関連している持病に、元の夫が愛想を尽かした。 ということになる。と、認識しています。 後半で少し触れることになると思いますが、 例え、他にも様々な理由があったとしても、「アルコール依存症」という目をつぶることができない事実がある以上、それが第一の理由となり得る。 というのが、アルコール依存症の人が抱えていかないといけない、対人関係での少し悲しい立場である。 と、今は自分に言い聞かせています。 さて、 アルコール依存症の人の離婚率は、男性、女性ともに、大変多いのだそうです。 ただ、公の離婚率の数字にあまり出てこないのは、 離婚理由に「自分もしくは、相手がアルコール依存症だから」と挙げている人たちが、あまりに少ないから。だそうです。 確かにわたしも「離婚の理由は?」と尋ねられたら、「いわゆる、性格の不一致というヤツです」 と答えていますもん。 アルコール依存症専門病棟に入院していた時思ったのですが、 そこの入院患者、特に入退院を繰り返している人は、ほぼ全員と言っていい程、離婚経験者か、元々独身の人ばかりでした。 今回は、これは避けては通れないですよね。 わたしのことも含めて、わたしが入院したアルコール依存症専門病棟の入院患者から聞いた話と、 アルコール問題を抱えた人の対人問題など。 アルコールと離婚、対人問題についての考察です。 目次 ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 ②やっぱり、堂々とは言えない・・のかな?  離婚理由で夫と妻・どっちも言いたくない訳 ③わたしの場合 ④最後に    ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 アルコール依存症専門病棟で、最初に感じた感情、というか、感想というか・・。 「 孤独っぽい人たちが集まっているな。」 というのが、わたしの、入院している患者の様子を見て知って思った正直な感慨です。 わたしが入院した時の患者は、全員ほぼ40人くらい。男女比は、だいたい、5:1くらいだったか。と覚えています。

「ドライドランク」・断酒してから起こる?再飲酒の落し穴!わたしも見事にハマりました⁈

「 ドライドランク」 直訳すると、「シラフの酔っ払い」などと言うようです。 文字通り、一滴もお酒を飲んでいないのに、まるで飲んで酔っ払ってしまっているような状態になってしまうこと。だそうです。 わたしがこの言葉を初めて聞いたは、アルコール依存症専門病棟に入院していた時に受けた講義でと、入院仲間たちとの会話の時でした。 いくら講義で教えられても、入院仲間たちがその話で盛り上がろうとも、その時は全く意味がわかりませんでした。 お酒を飲んでいないのに酔っ払っているかのような状態になる。って、どういうこと? ドライドランクと聞いて、そして、お酒飲んでないのに酔っ払う、と聞いて、すぐに理解できる人はそうそういませんよね。 そこで、わたしなりに後になって少し勉強したことを、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。 後から気づいたのですが、実はわたしもしっかり体験していたみたいなんです。 「ドライドランク」・「シラフの酔っ払い」って何なの? 目次 ①ドライドランクっていつなるの? ②ドライドランクってどうなるの? ③ドライドランクの危うさ ④わたしが体験したドライドランク ⑤再飲酒に落ちないために    ①ドライドランクっていつなるの? アルコール依存症専門病棟での講義でも、入院の患者仲間たちの話でも、 ドライドランクが起こるのは、どうやら、人によって時期はさまざまだそうですが、断酒を始めてしばらく期間が経ってから症状がでるらしいです。(もちろん、出ない人もいます) お酒をやめてすぐに出る人もいるし、かなり時間が経ってから、いきなり出てくる人もいるらしいのです。 神出鬼没。まさに「アルコール・テロ」とでも言っちゃいたいくらいに恐ろしい。 わたしが、実際にドライドランクの体験談を聞いたのは、アルコール依存症専門病棟での入院仲間から聞いた話と、そこで行われたAAのミーティングで、参加者の人からが聞いた話しだけですが、その時聞いた話も全くチンプンカンプンでした。 あ、「ドライドランク」という言葉は、元々AAで使われていた言葉だそうです。AAのミーティングで教えてもらいました。 入院していた時の患者仲間の話では、残念ながら長期間断酒を継続できた人が1人もいませんでした。わたしが直接聞いた人のほとんどが、我慢してお酒を飲まないでいられたのは平均一週間くらい。その間に肉体的な症状

アルコール依存症病棟にまでお世話になったわたし。一緒に闘いましょー!

子育ても、ひと段落しました。 結婚生活も、とても穏やかに終了しました。 毎日、仕事と家のことと母との呑気な生活と。 慌しくも充実した日々を送っています。 食べることと、 漫画と、 小説と、 お肌な手入れと、 ナチュラル系のオシャレが好きな、 50代。まだまだ、これからです。 今、世間では、長期にわたる自粛生活で、 ほとんどの人が、今までとは全く違う生活様式に戸惑いながらも、少しずつ慣れてきたみたいですよね。 わたしも、仕事は、昨年はほとんど在宅で行っていましたが、 最近になって、また、職場に行って仕事ができるようになりましたので、 家でばかりの生活から少し解放されて、 ちょっと、緊張感が緩んできたのは否めないところです。 少し、おばちゃん的な心配事をお話させてください。 飲食店が飲酒の制限をされていることもあって、 「家飲み」というのが、いろんなところで注目されているようですね。 「家で飲酒する」という習慣は、すっかり定着してきています。 その上、 在宅ワークなどで家の時間が増え、 出勤しない分、自分で自由に時間の管理ができるようになりました。 休日と平日の境も曖昧になって、いつでも好きな時間に飲食可能ですので、 自分では、それほどの問題がある飲酒はしていない。と楽観視している方の中にも、 アルコールが入らないとどうもやる気がでない。 アルコールがないと、時間を持て余してしまう。 などといった、 すっかりアルコールに生活をコントロールされてしまっている可能性がある方が増えてきているかもしれません。 少しでも思いあたる方は、 すでに、アルコール依存症になってしまっているかもしれません。 かくいうわたしも、 今から10年前に、アルコール依存症と診断され、 当時の夫から依存症の専門病院に入れられた、 立派なアルコール依存症者でした。 でした。 と過去形で言っていますが、 決して、過去形ではないんですよ。依存症との闘いは。 これが、最も難しく、悩ましいところです。 わたしはアレヤコレヤありまして、 現在、7年程の間、運良く(?)、それこそ一滴のアルコールも身体に入れず、 今も、全く飲酒とは無縁の生活を、おかげさまで送れています。 でも、たとえ7年間、一滴のアルコールを身体に入れていなかろうが、 現在は全く飲酒とは無縁の生活をしていようが、 明日、 もし、 ビールを、一口だけ