スキップしてメイン コンテンツに移動

お酒と経済・わたしの再飲酒期間1ヶ月の経済的損失。ザックリ計算トホホの結末!

    

アルコールの問題をお財布的な観点で考えてみたいと思います。

アルコール依存症者として生活していた期間、
はたしていくらくらいアルコールにお金を使っていたか?
ということは、できれば目を背けておきたかった問題なのですが、この期に及んで、やはり避けては通れない問題だと思うのです。

今回、アルコール依存症を経験した者としてのブログを書く。ということに関しては、
このブログを通して、アルコールの問題で悩んでいる人に、少しでもわたしが経験したことを伝えることによって、何かの手助けができればいいな。と考えて書き始めたということが一番の理由なのですが、
それともう一つ、
いろいろとその頃のことを思い出したり、アルコール専門病棟での講義などの内容を書き留めたノートや使用したテキストなどを読み返すことによって、
わたし自身がアルコールの問題を再度、身近に感じて、その都度学び直し、もう二度とアルコールの問題を起こすことがないようにしたい。
との思いから、「書いてみよう。」と思った。という理由もあったのです。

ところがです。
わたしは、元々、家計簿などをちゃんとつけて、しっかりとお金の管理が出来ているタイプではないので、
残念ながら、細かく、詳しく。という内容の深いものは、無理です!ゴメンナサイ!

特に、アルコール専門病棟に入院するまでの飲酒に関しては、
その当時、自分がアルコール依存症者であるとの認識は全くありませんでしたし、
大酒飲みだとの自覚はあったとはいえ、
まさか自分のアルコール摂取が他の人と比べて異常である。との認識すら無かったので、
スミマセン、大体どのくらいのお金をアルコールに注ぎ込んだか?ということはわかりません。

アルコールの摂取量が増え出した40歳頃から、アルコール専門病棟に入院して、アルコール依存症と診断されるまでの約5年くらいの間は、
細かく把握していなかったとしても、
かなりの額のお金をアルコールに費やしたのは間違いありません。

残念ながら、その約5年間のアルコールだけに絞った金銭的な出費はよく分からないので発表出来ませんが、とてつもない額になっていたのではないか?という想像は軽くつきます。

そこで今回は、
わたしがアルコール専門病棟を退院して、
1か月で再飲酒を始めて、それから吐血での緊急入院に至るまでの約1年間。

もちろん、細かく家計簿などを記しているはずもなく、だいたいのところで、思い出しながら、今になってザックリと計算してみたものですので、かなり恐縮なのですが・・・

アルコール再飲酒編
約1年間のアルコール依存症の軌跡・お財布の巻

として、ザックリと書かせてもらおうと思っています。
ホント、ザックリですよ!

目次

①再飲酒の間、1年として、
 どのくらいのアルコールを摂取していたか?
②単純計算するといかほど?
③感想と反省と。




①再飲酒の間、1年として、
 どのくらいのアルコールを摂取していたか?

お断りしておきますが、

これは、単純に、だいたい1日あたりどのくらいのアルコールを摂取していたか?
と、まず掘り起こして、それプラス、隠しておいたお酒。(キープですね)
あと、お酒以外にアルコール依存症者ならではの必要経費物などを加えて、ザックリと計算して書かせてもらったものです。

元々、家計簿などをちゃんと記しておくタイプの人間ではないうえに、
この頃は毎日、どうやって、誰にも見つからずに飲酒が出来るか?ということに血眼になっている日々でしたので、
今思い出すと、頭がおかしくなっていたんじゃないか。
と思うくらい、お金のこととか、健康のこととか無頓着でした。
(ちなみに、わたしはお酒を飲まないでいると、よく言えば倹約家。まぁ、ケチと言われることがあるくらいの人間です。)

わたしが、再飲酒していた時期に呑んでいたお酒の種類は、
ビール(発泡酒も含む)、レモン缶酎ハイ(度数がMAX高いもの)、ワイン、焼酎、ウイスキー。
と、コンビニやスーパーなどで売られている、あらゆる種類のお酒を網羅していました。

この再飲酒の期間、というのは、基本、というか、全ての飲酒に関して、家族も含めて、人から隠れて飲酒する。という、いわゆる、「隠れ飲み」とか、「一人飲み」とかいうスタイルでした。

一人で、仕事の帰りにコンビニに寄って呑んだり、買い物ついでに飲んだり、家の中で隠しておけるようなお酒を買って、家で隠れて呑んだり。
というパターンも決まっていました。
外に飲みに行く。ということは全くなく、
コソコソ一人で、サッサと済ます。といった
飲酒行動だったのですね。

平日のわたしの一日は、
朝起きて8:00仕事に向かい、17:00まで飲酒を我慢しての就業。
そのあと、コンビニに寄って、ビール500m×1
次のコンビニでレモン酎ハイ500m×1
別のコンビニ、もしくは買い物先程のスーパーレモン酎ハイ×1

休日は、朝10:00頃から、自転車で買い物に向かいます。
お目当ての、スーパーに、行く前にコンビニで、ビール500m×1
お目当てのスーパーで、500mレモン酎ハイ×1
帰りに別のコンビニで、500mレモン酎ハイ×1
休日だということで、夕方、買い忘れたものを買いに行く。という口実で外に出かけて、
コンビニでレモン酎ハイ500m×1
別のコンビニでレモン酎ハイ500m×1

だいたい、平日も休日も家以外は一日
ビールかレモン酎ハイ500m×3から5は呑んでいました。

あとは、家での隠れ飲み用に購入するのですが、
その際の選び方にもとても神経を使っていました。

まず、わたしが再飲酒しているということは、絶対に家族に知られてはいけません。
わたしの家では、わたしがアルコール依存症になったことが判明して以来、誰も家でアルコールを飲むことは無くなっていました。
アルコール専門病棟から退院してすぐに、夫とは離婚が成立していましたので、
家には、わたしの母と娘一人、息子一人が一緒に生活しています。
娘はお酒を飲めません。母と息子は、わたしがアルコール専門病棟から退院してからは、家ではお酒を飲むことはありませんでした。
ですので、我が家にはお酒は一本も置いていません。

再飲酒を始めてしまったわたしは、どう考えても冷蔵庫に冷たいビールを入れておく。ということは不可能です。
ですので、必然的に度数が高い、焼酎やウイスキーなどのお酒を、自分の部屋に隠しておいて、部屋にチョコチョコ行っては、
ストレートでグビグビ口に含んで、素知らぬ顔で、家族の皆の前に戻る。
ということをやっておりました。

そんなんですから、
買ってくるお酒も、ちゃんとキャップがしっかりと締まるものでないといけません。
あと、焼酎でもウイスキーでも、この際、安く、手っ取り早く酔えれば良し。というアルコール依存症者の心境そのままでから、ホントはビッグサイズで安いタイプのモノが理想的なのですが、
それじゃ隠す場所にも困りますので、
割高だと不満はあっても、せいぜい1Lサイズのほとんど値引きされていないモノを隠し持っていました。

割高といえば、購入先も、近くのドラッグストアなどで他の買い物などと一緒に買って、同じ袋に入れて持って帰る。などということも絶対にNGでした。
そうでなくても、近くのドラッグストアやスーパーで買うところを、ご近所の誰かに見られては困りますので、割高でも、ちょっと遠くのコンビニで買って、自分のカバンに隠して帰っていました。

というわけで、そんなキープ用のお酒は、
だいたいウイスキーの中ビンだったら二日で1本。
焼酎だったら二日で1L×1本

とまぁ、だいたいこんなものですか。
あと、アルコールではないのですが、
再飲酒をしていた頃に、毎朝、職場に行ってから、コーラの500mペットボトル×1を飲んでいましたので、それもカウントしなきゃです。

というのも、
わたしは、シラフでは全くコーラだけでなく、甘い炭酸飲料は飲まないのですが、
何故か、アルコールを呑んでいる時期は、毎朝、コーラが欠かせないようになってしまうのです
このことは、アルコール依存症者の間では「あるある」なのですが、
アルコール依存症者は、アルコールを呑んでいない時は、コーラを飲みがち。らしいです。
わたしも、どうしてか、アルコールを飲めない時は、「コーラ飲みてー!」となっていました。


 


 ②単純計算するといかほど?

もちろん、わたしにとつて、アルコールを摂取することだけが、その当時の唯一ともいえる関心事でありましたから、上記以外にも、例えば外に出るような機会があったら、ちょっとコンビニに寄ってレモン酎ハイ500mを1本行っとこ!
となったりしましたので、上記の本数より多くなる可能性は大です。
が、
上記の本数より少なくなる。ということは無い!
と思います。はい。

さて、計算していきましょうか。

平日がビール500m×1と、
レモン酎ハイ500m×1ですので、どちらもコンビニ価格で、1本200円として
200円×3で600円

休日がビール500m×1と、
レモン酎ハイ500m×4。
一本200円×5で1000円

土日が休日で、単純計算、2日×月・5日×12か月
で、120日。
それプラス祭日や正月などの長期休暇が20日として、1年で、120+20で140日休みと考えて計算すると、
1日・1000円×140日で140.000円

平日を365日-140日として、225日として計算します。
1日・600円×225日で135.000円

次に、部屋でのキープ分に行きます。

ウイスキー中ビンがコンビニ価格で1500円
焼酎1Lがコンビニかかで1000円
として、計算します。

どちらもおおよそ、2日で1本くらいで無くなっていましたので、1年のおよそ半分ずつ、それぞれ呑んだとして、
ウイスキーを164日÷2日で82日に1本
焼酎を200日÷2日で100日に1本
というところで計算してみましょう。

ウイスキーが1本1500円×82日で123.000円
焼酎が1本1000円×100日で100.000円

プラス、毎朝のコーラ500m1本。
こちらも、ドラッグストアなどで買うとお安いのですが、
もっぱら自販機で買っていたので、
コーラ500m、150円×365日で54.750円

これがだいたい、ザックリと、わたしが一年間に呑んでたであろう、アルコールの購入額の内訳です。
あくまでも、単純に計算したものですので、
大雑把すぎる点はご勘弁下さいね。

さぁ、合計していきましょう!

140.000円+135.000円+120.000円+100.000 
+54.750円で、

合計 549.750円    
です‼︎

イヤー、50万円越え!
イヤー、1年間で、アルコールだけで。
イヤー、一人分のアルコールのみの金額で。


③感想と反省と

ホント、ザックリでお恥ずかしい計算方法なのですが、

だいたいの一日の摂取量に金額と日数を掛けて計算してみました。

この金額は、一日の摂取量を特に何事もない日で設定して、お酒の種類と飲酒量を想定していますので、
これまたお恥ずかしいことですが、
ここで計算した金額より低くなることはまず無い。と申し上げておきます。

と言いますのも、 
先程少し触れましたが、基本、この再飲酒の時期。という間中、わたしの頭の中での優先順位は、悲しいかな、常にアルコールが1番にありましたから、
機会があれば、そう、外に出かける用事が急にできたりしたりしたら、喜びいさんで出かけて行って、途中でコンビニに寄って、レモン酎ハイ500mを1本!などとやっておりましたので、

上記の数や金額よりも少なくなる、ということは絶対にあり得ません!

ということで、
今まで、ザックリとでも再飲酒期間のアルコールに費やした金額を計算などしたことがありませんでしたので、
かなりショックを受けました。

これが、どこかに飲みに行っていたりした金額がプラスされていたり、家族での1年間の家での飲み代としても、高すぎる!と思います。

四捨五入して550.000円としたら、
1か月で約46.000円!
1日で約1500円!

はぁ〜。
かろうじて、借金は作らずに済んだものの、
かなり、ショックです。

感想と反省。と言いましても、
もっぱら反省しかありません。

1年で、550.000円も、まさに、ドブに捨ててしまっていたのですから。

いや、
こんなもんじゃありませんでした。
550.000円は、あくまで、アルコール専門病棟から退院して、1ヶ月経ってからの、1年間の再飲酒期間のアルコール摂取金額です。
アルコール専門病棟に入院するまでの期間のアルコール摂取金額など、考えるだけで恐ろしくなります。

何度もしつこく言わせていただきますが、
わたしは、シラフの時、今現在がもちろんそうなんですが、
家族や職場の友人達から、かなり堅実で、悪く言えばケチ。と言われる女なのです。

そんな女をも、ある意味、金銭感覚だけでないとは思いますが、
狂わせてしまうアルコールというものの、本当に恐ろしい。と言うしかありません。

アルコール依存症になってしまうと、
大袈裟ではなく、アルコールのことが頭の中で第一の選択肢になってしまう。というのが最も怖い側面の一つです。

普通の時に、当たり前感じたり、考えたりする価値観とは全く違う、アルコールファーストとも言える特異な価値観に置き換わってしまい、それを疑う余地さえ持てません。

計算してみた金額にも、大いなるショックを受けましたが、
どうやらそれ以上に、そんなにまでなっていたのに、そのことを顧みることも訝しがることもなく、ただただアルコールを手に入れて、摂取することだけしか頭の中になかった。ということに、最も衝撃を受けました。

しかし、550.000円ですか。

改めてアルコールの恐ろしさを肌で感じ、これからの断酒継続への励みになってくれれば、
高い授業料でしたが、少しはココロも軽くなってくれると思うことにします。

最近、お酒に振り回され気味かも?などと、
アルコールのことで心配事がある方は、
まだアルコールに冷静になれる内に、一度、ご自分の1か月分のアルコールの消費金額を計算してみてはいかがでしょうか。

案外いっちゃってるので、不安なる方もいらっしゃるかも。
それでいいんです!
ヤバい!と思って、その次の行動に移れれば、まだ、引き戻せるかもしれません。

自分のアルコールに費やした金額を知ることで、
自分がアルコール依存症かもしれない。と疑い、
どこか、専門の病院や公的な相談窓口などに、相談してみることで、
怖い、怖い、アルコール依存症に行き着く前に、しっかりと治療ができるかもしれません。

わたしは・・・
もう、散財はこりごりなので、
今まで通り、断酒を続けていく決意が、今回計算してみたとで、更に深く固まったところです。

かなりショックでしたが、
これからの決意がしっかり固まりましたので、
計算してみて良かったと思っています。

しかし、550.000円・・・。



コメント

このブログの人気の投稿

アルコール依存症の人の離婚率・独身率はめっちゃ高い!って、ホント⁈わたしは、離婚してますけど・・。

  以前のブログにも書きましたが、 わたしは、10年ほど前に、離婚しています。 理由は、一応いわゆる「性格の不一致」ということで片付いていますが、 一番の本当の理由としては、なんと言い訳しようが、恥ずかしながら、わたしのアルコール問題と、それにも関連している持病に、元の夫が愛想を尽かした。 ということになる。と、認識しています。 後半で少し触れることになると思いますが、 例え、他にも様々な理由があったとしても、「アルコール依存症」という目をつぶることができない事実がある以上、それが第一の理由となり得る。 というのが、アルコール依存症の人が抱えていかないといけない、対人関係での少し悲しい立場である。 と、今は自分に言い聞かせています。 さて、 アルコール依存症の人の離婚率は、男性、女性ともに、大変多いのだそうです。 ただ、公の離婚率の数字にあまり出てこないのは、 離婚理由に「自分もしくは、相手がアルコール依存症だから」と挙げている人たちが、あまりに少ないから。だそうです。 確かにわたしも「離婚の理由は?」と尋ねられたら、「いわゆる、性格の不一致というヤツです」 と答えていますもん。 アルコール依存症専門病棟に入院していた時思ったのですが、 そこの入院患者、特に入退院を繰り返している人は、ほぼ全員と言っていい程、離婚経験者か、元々独身の人ばかりでした。 今回は、これは避けては通れないですよね。 わたしのことも含めて、わたしが入院したアルコール依存症専門病棟の入院患者から聞いた話と、 アルコール問題を抱えた人の対人問題など。 アルコールと離婚、対人問題についての考察です。 目次 ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 ②やっぱり、堂々とは言えない・・のかな?  離婚理由で夫と妻・どっちも言いたくない訳 ③わたしの場合 ④最後に    ①アルコール依存症専門病棟で聞いた話  男女で分かれる?離婚・独身・対人関係 アルコール依存症専門病棟で、最初に感じた感情、というか、感想というか・・。 「 孤独っぽい人たちが集まっているな。」 というのが、わたしの、入院している患者の様子を見て知って思った正直な感慨です。 わたしが入院した時の患者は、全員ほぼ40人くらい。男女比は、だいたい、5:1くらいだったか。と覚えています。

「ドライドランク」・断酒してから起こる?再飲酒の落し穴!わたしも見事にハマりました⁈

「 ドライドランク」 直訳すると、「シラフの酔っ払い」などと言うようです。 文字通り、一滴もお酒を飲んでいないのに、まるで飲んで酔っ払ってしまっているような状態になってしまうこと。だそうです。 わたしがこの言葉を初めて聞いたは、アルコール依存症専門病棟に入院していた時に受けた講義でと、入院仲間たちとの会話の時でした。 いくら講義で教えられても、入院仲間たちがその話で盛り上がろうとも、その時は全く意味がわかりませんでした。 お酒を飲んでいないのに酔っ払っているかのような状態になる。って、どういうこと? ドライドランクと聞いて、そして、お酒飲んでないのに酔っ払う、と聞いて、すぐに理解できる人はそうそういませんよね。 そこで、わたしなりに後になって少し勉強したことを、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。 後から気づいたのですが、実はわたしもしっかり体験していたみたいなんです。 「ドライドランク」・「シラフの酔っ払い」って何なの? 目次 ①ドライドランクっていつなるの? ②ドライドランクってどうなるの? ③ドライドランクの危うさ ④わたしが体験したドライドランク ⑤再飲酒に落ちないために    ①ドライドランクっていつなるの? アルコール依存症専門病棟での講義でも、入院の患者仲間たちの話でも、 ドライドランクが起こるのは、どうやら、人によって時期はさまざまだそうですが、断酒を始めてしばらく期間が経ってから症状がでるらしいです。(もちろん、出ない人もいます) お酒をやめてすぐに出る人もいるし、かなり時間が経ってから、いきなり出てくる人もいるらしいのです。 神出鬼没。まさに「アルコール・テロ」とでも言っちゃいたいくらいに恐ろしい。 わたしが、実際にドライドランクの体験談を聞いたのは、アルコール依存症専門病棟での入院仲間から聞いた話と、そこで行われたAAのミーティングで、参加者の人からが聞いた話しだけですが、その時聞いた話も全くチンプンカンプンでした。 あ、「ドライドランク」という言葉は、元々AAで使われていた言葉だそうです。AAのミーティングで教えてもらいました。 入院していた時の患者仲間の話では、残念ながら長期間断酒を継続できた人が1人もいませんでした。わたしが直接聞いた人のほとんどが、我慢してお酒を飲まないでいられたのは平均一週間くらい。その間に肉体的な症状

アルコール依存症病棟にまでお世話になったわたし。一緒に闘いましょー!

子育ても、ひと段落しました。 結婚生活も、とても穏やかに終了しました。 毎日、仕事と家のことと母との呑気な生活と。 慌しくも充実した日々を送っています。 食べることと、 漫画と、 小説と、 お肌な手入れと、 ナチュラル系のオシャレが好きな、 50代。まだまだ、これからです。 今、世間では、長期にわたる自粛生活で、 ほとんどの人が、今までとは全く違う生活様式に戸惑いながらも、少しずつ慣れてきたみたいですよね。 わたしも、仕事は、昨年はほとんど在宅で行っていましたが、 最近になって、また、職場に行って仕事ができるようになりましたので、 家でばかりの生活から少し解放されて、 ちょっと、緊張感が緩んできたのは否めないところです。 少し、おばちゃん的な心配事をお話させてください。 飲食店が飲酒の制限をされていることもあって、 「家飲み」というのが、いろんなところで注目されているようですね。 「家で飲酒する」という習慣は、すっかり定着してきています。 その上、 在宅ワークなどで家の時間が増え、 出勤しない分、自分で自由に時間の管理ができるようになりました。 休日と平日の境も曖昧になって、いつでも好きな時間に飲食可能ですので、 自分では、それほどの問題がある飲酒はしていない。と楽観視している方の中にも、 アルコールが入らないとどうもやる気がでない。 アルコールがないと、時間を持て余してしまう。 などといった、 すっかりアルコールに生活をコントロールされてしまっている可能性がある方が増えてきているかもしれません。 少しでも思いあたる方は、 すでに、アルコール依存症になってしまっているかもしれません。 かくいうわたしも、 今から10年前に、アルコール依存症と診断され、 当時の夫から依存症の専門病院に入れられた、 立派なアルコール依存症者でした。 でした。 と過去形で言っていますが、 決して、過去形ではないんですよ。依存症との闘いは。 これが、最も難しく、悩ましいところです。 わたしはアレヤコレヤありまして、 現在、7年程の間、運良く(?)、それこそ一滴のアルコールも身体に入れず、 今も、全く飲酒とは無縁の生活を、おかげさまで送れています。 でも、たとえ7年間、一滴のアルコールを身体に入れていなかろうが、 現在は全く飲酒とは無縁の生活をしていようが、 明日、 もし、 ビールを、一口だけ