スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

キッチンドリンカー。やりがちな習慣が、女性のアルコール依存性を作る!そうです。

 キッチンドリンカー。 キッチンで食事の準備などをしながら、お酒をあおっている女性の姿が思い浮かびませんか? それも、家族なんかに見つからないように。 コロナでの生活の変化はもちろんのこと、 ストレスと隣り合わせの現代に生きる人たち。 とくに家庭の主婦の間で、ここ数年の間、キッチンドリンカーの女性が右肩上がりで増えているんですって。 キッチンといいますが、台所が家庭の主婦の象徴的な場所であることから限定的に聞こえるキッチンドリンカーという表現がされていますが、 大きな括りで言えば、家族が仕事や学校に行った後や、食事の準備の間などに概ね隠れて飲酒を繰り返す人。主に女性を指して言われているようです。 わたしがアルコール依存性専門病棟に入院していた時、女性は主に主婦のアルコール依存性が多くて正直ビックリした覚えがあります。 そういうわたしも、主婦でしたので、人のことを驚いている場合ではないのですが・・。 そういう主婦のアルコール依存性の人(わたしもですが、)は、ほとんど、というかほぼ全員といっていいほど、キッチンドリンカーでした。 何故、女性(というか、ほとんど主婦)は、キッチンドリンカーになりがちなのかを、少し考えてみたいと思います。 目次 ①女性のアルコール摂取に未だ偏見がある ②ストレスのはけ口が少ない ③外に飲みに行く機会が少ない ④金銭的に自由がききにくい ⑤キッチンドリンカーと依存性    ①女性のアルコール摂取に未だ偏見がある 今の若い女性や、結婚していても仕事をバリバリしている女性などを除いて、 昔ほどではないにしろ、女性、特に主婦がお酒をしこたま飲んだり、いくら休日とはいえ、朝からビールなどを飲んだりすることに良い顔をする人(特に夫ですが)、はあまりいないようです。 良い顔をしないどころか、だらしないと思われたり、酔っ払って家事などが疎かになると叱りつける人も未だに多く見られます。 アルコールには多少なりとも依存性というか、反復性があります。 全く飲めない人を除いては、お酒をのんで気持ちが良くなったり、気が大きくなったり、イヤなことを忘れられたりなどのご褒美的な、報酬的な気分を味わってしまうと、 更にその快楽を味わいたくなってくる、という感覚です。 その感覚を追認したくて、人は往々にしてお酒を飲みたくなるのですが、 未だに女性、主婦という括りによっ

ブラックアウトに気をつけろ!いわゆる泥酔?アルコール依存性の初期症状でもあります。

  ブラックアウトってご存知の方いらっしゃいますか? お酒をめちゃくちゃ飲みすぎて、その時の記憶が飛んでしまった。 って経験があるって方は、けっこういらっしゃるんじゃないでしょうか? それ、ブラックアウトの初期症状ですって。 飲みに行って、泥酔するくらいまで飲んでいて、途中から記憶が飛んで、気がついた時はちゃんと家に帰って布団で寝ていた。 何時まで飲んでいたのか? お金は払ったのか? どうやって家まで帰りついたのか? などなど、全くもって覚えていない。 なんて経験があったら、その覚えていない間、アルコールの影響で脳が麻痺してしまっている。期間限定の記憶喪失になってしまっているのですよ。 「いや〜、昨日は飲み過ぎちゃった!」 では済ませない、怖〜いコトが待ち受けているかもしれませんよ・・。 目次 ①実は怖いぞ!ブラックアウト。 ②虫食い的に起こるもの。 ③長時間に渡るもの。 ④わたしのブラックアウト体験記 ⑤ブラックアウトから依存性へ    ①実は怖いぞ!ブラックアウト。 「ブラックアウトなんて言ったって、所詮は酔って記憶が飛んじゃうくらいのコトでしょう?」 と、軽く考えていると、怖いです。はい。 ブラックアウト。わかりやすく言えば、お酒を飲み過ぎて泥酔して、その最中やその後の記憶が無くなる状態のことを言うのですが、 何故に泥酔すると記憶が無くなるコトがあるのか?というとですね、 お酒をたらふく飲んで、体内の血中アルコール濃度が高くなることによって、脳の記憶を携わる部分(海馬という部分)が麻痺してしまい、一時的な記憶喪失障害を起こしてしまうのです。 一時的とはいえ、脳の海馬が麻痺する。ということが度重なるとどうなるか、といいますと、 脳全体が次第に萎縮してしまうことがあるというから恐ろしい! 「ウェルニツケ脳症」という脳が萎縮していく病気があるそうですが、 この病気の主な原因は、アルコールの大量摂取などによる脳の麻痺なんだといいます。 まさに、ブラックアウトを頻繁に起こすような飲み方をしていると、脳が萎縮していってしまう「ウェルニツケ脳症」になってしまう可能性が高くなるのです。 わたしがアルコール依存性の専門病棟に入院した時のことですが、 入院する患者は、入院当初に必ず脳のCTを撮られます。 アルコール依存性の人は、大抵、ブラックアウトは経験していますので、脳の

酒毒を出す⁈ミネラルウオーターでデトックス!水にこだわってみた話

前回書きました、ドライドランクにも関係しているであろう、しばらく断酒をしていても、体内。細かく言うと細胞内に残って影響を与えている、と言われるアルコールの害。 (ドライドランクについては、こちらに書いていますので、よかったら読んで下さいね。) https://www.akemi0530.com/2021/09/blog-post_10.html?m=1 一般的にお酒を飲まなくなってからアルコールは体内から2〜3日程である程度抜けると言われていますが、わたしのように依存性になってしまった人は、細胞レベルでアルコールが完全に抜けるのは、数年かかるとも言われているそうです。 ちなみに先に書いたドライドランクなどの現象に影響すると言われているのは、細胞レベルで残ったアルコールだそうですので、そちらを何とか抜かないと、いくら断酒を頑張って続けていても、 いつ、いかなる時に、再飲酒の罠にハマるか気が気でありません。 そこでわたしは、断酒を始めて数ヶ月。50歳を目前にして思い立ち、細胞レベルのアルコールを抜くべく、 それと、ついでにその他の身体の中の老廃物などを出してしまおう! レッツ、デトックス! と身体のデトックスの基本と言われる水の取り入れ方をフューチャーして、勉強、実践してみることにしました。 目次 ①デトックスの基本・水の考察 ②水道水の浄水 ③ペットボトルをネットで通販 ④とうとうウオーターサーバーを!  ⑤水を摂ることとそれを出すこと ⑥正しい水の摂り方⁈ ①デトックスの基本・水の考察 デトックス、身体の毒素を体外に出すためには、質の良い水を毎日1〜2リットル摂りましょう。 なのだそうです。 人間の身体の60%は水だそうです。 体内の水の代謝を高めるために、適度な水を補給することが大事とも言われていますよね。 その他、適度な水を常時補給することによって、スムーズな排便を促すのでデトックスに有効である。そうです。 50歳を目前にして、アルコールの解毒だけでなく、それまで溜まりに溜まった身体の中の老廃物を、キレイサッパリ出していまいたい!! と考えたわたしは、上記のような情報を教えてくれる、さまざまな美容や健康について明るい本や雑誌、サイトなどを鬼調べして、それらは正しい情報であろうと確信しましてた。 そこでわかったのが、どうやら水といっても、何でも良いわけ

「ドライドランク」・断酒してから起こる?再飲酒の落し穴!わたしも見事にハマりました⁈

「 ドライドランク」 直訳すると、「シラフの酔っ払い」などと言うようです。 文字通り、一滴もお酒を飲んでいないのに、まるで飲んで酔っ払ってしまっているような状態になってしまうこと。だそうです。 わたしがこの言葉を初めて聞いたは、アルコール依存症専門病棟に入院していた時に受けた講義でと、入院仲間たちとの会話の時でした。 いくら講義で教えられても、入院仲間たちがその話で盛り上がろうとも、その時は全く意味がわかりませんでした。 お酒を飲んでいないのに酔っ払っているかのような状態になる。って、どういうこと? ドライドランクと聞いて、そして、お酒飲んでないのに酔っ払う、と聞いて、すぐに理解できる人はそうそういませんよね。 そこで、わたしなりに後になって少し勉強したことを、できるだけわかりやすく書いてみたいと思います。 後から気づいたのですが、実はわたしもしっかり体験していたみたいなんです。 「ドライドランク」・「シラフの酔っ払い」って何なの? 目次 ①ドライドランクっていつなるの? ②ドライドランクってどうなるの? ③ドライドランクの危うさ ④わたしが体験したドライドランク ⑤再飲酒に落ちないために    ①ドライドランクっていつなるの? アルコール依存症専門病棟での講義でも、入院の患者仲間たちの話でも、 ドライドランクが起こるのは、どうやら、人によって時期はさまざまだそうですが、断酒を始めてしばらく期間が経ってから症状がでるらしいです。(もちろん、出ない人もいます) お酒をやめてすぐに出る人もいるし、かなり時間が経ってから、いきなり出てくる人もいるらしいのです。 神出鬼没。まさに「アルコール・テロ」とでも言っちゃいたいくらいに恐ろしい。 わたしが、実際にドライドランクの体験談を聞いたのは、アルコール依存症専門病棟での入院仲間から聞いた話と、そこで行われたAAのミーティングで、参加者の人からが聞いた話しだけですが、その時聞いた話も全くチンプンカンプンでした。 あ、「ドライドランク」という言葉は、元々AAで使われていた言葉だそうです。AAのミーティングで教えてもらいました。 入院していた時の患者仲間の話では、残念ながら長期間断酒を継続できた人が1人もいませんでした。わたしが直接聞いた人のほとんどが、我慢してお酒を飲まないでいられたのは平均一週間くらい。その間に肉体的な症状